[映画] チュ・ジフン、金子修介監督の新作映画出演を検討中

[スポーツソウルドットコム|ソン・ジヨン記者]

俳優のチュ・ジフン(31)が、日本映画「夢の愛」(監督:金子修介)への出演を前向きに検討していることが分かった。

所属事務所のKEYEASTの関係者は26日、<スポーツソウルドットコム>との電話取材で、「チュ・ジフンが最近、日本映画『夢の愛』の出演オファーを受けた。前向きに検討しているシナリオだ」と明らかにした。チュ・ジフンがオファーを受けた映画「夢の愛」は、「デスノート」と「メサイヤ」などで韓国でも有名な金子修介監督がメガフォンをとる作品。映画は日韓の若者たちが繰り広げる友情と愛を描く。

チュ・ジフンが「夢の愛」へ出演を確定すれば、彼はこれまで停滞していた日本活動を再開することになる。これと関連して所属事務所の関係者は、「現在撮影中の映画『良い友達』のスケジュールが終わったら、慎重に検討して決めるつもりだ」と伝えた。

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「3デイズ」ソン・ヒョンジュ、JYJユチョンを絶賛「誠実を超える人柄に感心した」

「3デイズ」ユチョン、「台本を読んで必ず出演したいと決めた」

[独占] チェ・ジウ、YGエンタと専属契約!BIGBANG、チャ・スンウォンらがいる“YGファミリー”になった

韓国人が一番好きな番組は、ドラマ「星から来たあなた」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 02月 26日 10:00