[映画] チ・チャンウク‘操作された都市’ 1位...ヒョンビン‘共助’底力も注目

チ・チャンウクの勢いが尋常でない。
初めての主演映画'操作された都市'がボックスオフィス1位疾走を継続している。

2月14日映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによれば'操作された都市'(監督パク・クァンヒョン)は13日、一日の間13万 492人を集めボックスオフィス王座を守った。 累積観客数はいつのまにか120万 3,079人に達する。
去る9日封切り後ずっとボックスオフィス正常を保っている。

チ・チャンウクの初めての主演作、'ウェルカム トゥ トンマッコル'パク・クァンヒョン監督の新作で注目された'操作された都市'は封切り前までボックスオフィスを
掌握した'共助'(監督キム・ソンフン)を折って気持ち良い出発を知らせた。 平日にも期待以上の観客数を集めている。

そして'共助'もやはり残った動力をずっと発揮していて目を引く。 同日ボックスオフィス2位を占めた'共助'は一日の間6余万観客を呼び集めた。累積観客数は732万 7,572人だ.

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2017年 02月 14日 15:27