[K-POP] SUPER JUNIORキュヒョンが今日(14日)カムバック、SMの“音源キング”パワーを見せつけるか

SMエンターテインメントの“音源キング”であるキュヒョンの新しいアルバム『また、秋が来たら』がついにベールを脱ぐ。

SUPER JUNIORのキュヒョンは、10月14日夜12時にMelon、genie、NAVER MUSICなどの各音楽サイトを通して、今秋最高のアルバムとして期待を集めている2枚目のミニアルバム『また、秋が来たら』の全曲の音源を公開し、公式ホームページやYouTubeのSMTOWNなどを通して、タイトル曲「A Million Pieces」のミュージックビデオも同時公開する予定であり、世界中のファンからの熱い反応が予想される。

キュヒョンの今回のアルバムには、有名作曲家のKENZIE、プロデューシンググループのMonoTree、MATEのチョン・ジュンイル、作曲家のヤン・ジェソンなど、ヒットメーカーたちが参加した多彩な7曲が収録されており、話題を集めている。タイトル曲「A Million Pieces」は、クラシックで洗練されたメロディーがキュヒョンの甘美なボーカルとうまく融合し、「光化門で」に続く新たな秋の代表曲になることが予想される。

中でも、音源と同時に公開される「A Million Pieces」のミュージックビデオは、ヘリカメラで撮影したスイス・チューリッヒの美しい風景を背景に、キュヒョンとAraが演じる運命のようなラブストーリーが音楽がうまく組み合わさり、美しい映像に仕上がっており、次元の違うミュージックビデオとして注目を集める予定だ。

また、キュヒョンのアルバム発売に先立った今日正午には、SMがランチングした映像制作・共有アプリケーションの“everysho”(http://www.everyshot.co/)を通して、今回のアルバムに収録された、「ピアノの森」、「ただ会いたくてそう」、「風」の音源の一部と、キュヒョンの姿が収められた18秒程の映像3本を公開し、午後にはYouTubeのSMTOWNチャンネルなどを通して、新しいアルバム全曲の音源の一部をあらかじめ聞くことのできるハイライトメドレー映像も公開するため、新しいアルバムにより熱い関心が集まることが予想される。

それだけでなく、14日午後10時にはNAVERスターライブアプリケーション“V”のSMTOWNチャンネルを通して、生放送「秋にふける夜」を行い、新しいアルバムの紹介やミュージックビデオの撮影エピソードなど、様々なトークを繰り広げるだけでなく、事前にSNSを通して募集したファンたちの「秋にふけるエピソード」を紹介し、知人たちとのサプライズ通話なども行う予定だ。

(写真=SMエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 10月 14日 14:15