[K-POP] SUPER JUNIORがデビュー10周年を記念したスペシャルアルバムでイ・スンファン&キム・ユナと豪華コラボ

7月16日に発売されるSUPER JUNIORのスペシャルアルバム『Devil』には、タイトル曲「Devil」の他にもイ・スンファン、紫雨林のキム・ユナ、バラ旅館、Epitone Projectなどの様々な個性を持ったシンガーソングライターたちがSUPER JUNIORのために制作した完成度の高い音楽が収録されており、SUPER JUNIORのより一層多彩な音楽カラーと魅力を十分に感じられる。

韓国を代表するシンガーソングライター兼プロデューサーのイ・スンファンが手掛けた「We Can」は、SUPER JUNIORが10年間築いてきた友情と未来に向けた覚悟を感性的に表現したロックバラード曲であり、イ・スンファンの音楽的な感性とSUPER JUNIORのボーカルユニットであるSUPER JUNIOR-K.R.Y.の安定的なボーカルが素敵な調和をなしている。

インディーズロックバンドのバラ旅館とSUPER JUNIORのトロットユニットであるSUPER JUNIOR-Tがコラボレーションした「一目惚れしました」は、バラ旅館ならではのウィットとSUPER JUNIOR-Tのお茶目な魅力が収められたアシッドポップ曲であり、偶然見かけた女性に一目惚れしたストーリーをメンバーたちの個性に合わせて表現した歌詞が面白さと感性を最大限活かし、新たな魅力を倍増させる。

さらに、人気モダンロックバンドである紫雨林のキム・ユナが今回のスペシャルアルバムで手掛けた「Rock'n Shine」は、ブルースとハードロックに基盤を置いたジャンルの曲であり、音楽と愛を通じて勇気をもらい、力強く生きていこうという肯定的なメッセージが込められた歌詞がSUPER JUNIORの明るいエネルギーと紫雨林のモダンさとマッチし、多彩さを加えた。

感性的シンガーソングライタープロジェクトグループであるEpitone Projectとコラボした「星が出る」は、多くの人と共にしてきた10年という時間を振り返って感じた胸いっぱいの感動を収めた歌詞から、デビュー10周年を迎えたメンバーたちの気持ちを感じることができる。

また、SUPER JUNIORは7月16日のMnet「M COUNTDOWN」を皮切りに17日のKBS 2TV「ミュージックバンク」、18日のMBC「音楽中心」、19日のSBS「人気歌謡」などの各音楽番組で新曲ステージを披露し、スペシャルアルバムの活動を行う予定であり、ファンからの熱い反応が期待される。

一方、SUPER JUNIORのデビュー10周年の意味を収めたスペシャルアルバム『Devil』は、16日0時に各音楽サイトを通して全曲の音源が公開され、同日にCDが発売される。

(写真=SMエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 07月 10日 11:13