[芸能] 東方神起ユンホが「入隊前最後のコンサートで涙を流さなかった理由」や「自分にとってチャンミンとは…」を語る(インタビュー)

東方神起のユンホが入隊前最後の作品であるウェブドラマ「あなたを注文します」の撮影現場を公開した。

ユンホは7月2日に発刊されるスタースタイル雑誌「HIGH CUT」のグラビアで、ドラマの中のキャラクターであるイケメンシェフヨ・グクデに変身した。劇中、手作り弁当を作るシェフを演じるユンホは、実際の料理の実力について、「実は料理がすごく苦手だ。このドラマを通して料理に興味が生まれた。愛する人が出来たら、かっこよく料理でもてなしてあげたいという思いがある」と話した。

ユンホにとって、「あなたを注文します」は初めてのラブコメであり、3回目となる主演作だ。彼は「今回の作品はラブコメだし、初めて経験するジャンルだから、ドキドキもした。緊張したけど、楽しく撮影できた」と明かした。

「あなたを注文します」は5月6日にクランクインし、6月24日にクランクアップした。7月5日にNAVER TV CASTを通して先行公開され、6日午後4時40分にケーブルチャンネルのSBSプラスで初放送される。

この作品を最後に7月21日に入隊するユンホは、「まだ入隊の前日ではないから実感はないけど、長い間東方神起のユンホとしてやってきたから、しばらく空白期間ができたらステージが恋しくなりそうだ。最近はより慌ただしく働いている。「今も僕は走っている」という気持ちを持ちたい」と明かした。

最近、東方神起はオリンピック公園体操競技場でユンホの入隊前最後のコンサートを行った。当時の彼は涙を流さず、むしろ堂々と公演を終えた。これについて、「実は僕も「泣いたらどうしよう」と心の中で心配していた。歌いながら2回ほどうるっときた。入隊前最後のコンサートで涙を流したら、なんとなく歌手人生が幕を閉じてしまう感じがした。公演を終えてから楽屋で泣いた」とビハインドを明かした。

ユンホとチャンミンは東方神起として12年間を共にしてきた。彼はチャンミンとの年月を振り返りながら、「僕が泣いたり笑ったり、もしくはステージの上で辛い瞬間やカタルシスを感じる時、隣にはいつもチャンミンがいた。チャンミンはもう一つの鏡の中の僕の姿ではないかなと思うほどだ」と語った。

ユンホのスケッチグラビアは、7月2日に発刊される「HIGH CUT」の153号で確認できる。また、7日に発刊されるデジタルハイカットアプリを通して、躍動感溢れるグラビアを鑑賞することができる。アップルアプリストアもしくはグーグルプレイで「HIGH CUT」を検索し、デジタルハイカットアプリをダウンロードできる。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 07月 01日 10:29