[K-POP] サマーソングでカムバックしたSISTAR「少女時代と2NE1と同じく“越えられないガールズグループ”?光栄に思う」

SISTARが少女時代、2NE1と共に“ノムサビョク”(「越えられない4次元の壁」の略語)ガールズグループとして言及されることについて、「光栄だ」と明かした。

SISTARは22日午前11時、ソウル三成洞(サムソンドン)に位置するCOEX Artiumで3枚目のミニアルバム『Shake It』の発売記念ショーケースでこのように明かした。

この日、新しいアルバムの収録曲「Don't Be Such A Baby」とタイトル曲「Shake It」を公開したSISTARは、夏のイメージを持ったグループらしく、パワフルなステージで取材陣を魅了した。

その後行われたインタビューでは、「ガールズグループランキングの中で、少女時代や2NE1と共に“ノムサビョク”レベル」という言葉に対し、ダソムは「私たちが少女時代や2NE1のような先輩たちと同じ“ノムサビョク”と呼ばれるなんて、本当に光栄だ」と口を開いた。

ダソムは続いて、「私たちが「先輩たちをおさえてトップの座に登り詰めよう」という欲よりは…」と話し、「ヒディンク監督が「僕たちはまだ空腹だ(満足していない)」という言葉を言ったことがある。私たちもまだ空腹だ。シディンク(SISTAR+ヒディンク)だと思ってもらえたら嬉しい。まだやりたいことや叶えたいことが多い。誰かを押しのけてトップの座に登るよりは、各メンバーとチームの発展が優先だと思う」と明かした。

夏と言えば思い浮かぶ歌手らしく、今回のSISTARの新しいアルバム『Shake It』には、健康的なイメージにぴったりの清涼感溢れる音楽が収録されている。

タイトル曲「Shake It」は、ヒット作曲家チーム二段横蹴りがプロデュースを務めたSISTAR流サマーソングだ。強烈なブラスとファンキーなグルーブが印象的なレトロダンスソングで、中毒性の強いフックとメンバーたちの気持ちのいいボーカルが際立つ曲だ。「Shake It」以外にも「Don't Be Such A Baby」、「Good Time」、「Bad Boy」、「Go Up」などの計5曲が収録されている。

(写真=ホ・ジョンミン)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 06月 22日 16:49