[K-POP] 少女時代、SISTAR、Apink、Girl’s Dayが揃ってカムバック、7月はガールズグループのオールスターバトルが勃発!?

今年の春に続いた男性アイドルのカムバックラッシュにより、多少押され気味だったガールズグループたちが反撃に出る。7月はガールズグループのオールスターバトルの月になる模様だ。

韓国を代表するガールズグループが続々とカムバックを発表している。音源クイーンのSISTARがすでに6月末のカムバックを決めた中、国民的ガールズグループの少女時代も6月末もしくは7月中にカムバックする予定だ。さらには、ライバルとも言われているApinkとGirl’s Dayのドリームマッチが実現する可能性も考えられている。

7月のガールズグループバトルのスタートを切るグループは、音源クイーンのSISTARだ。SISTARは現在、アルバム制作の最終調整中だ。6月末にカムバックするSISTARは、ヒット曲メーカーである二段横蹴りの曲でカムバックする。ミュージックビデオの撮影を控えており、今までのイメージとは異なる姿を見せるという。

国民的グループの少女時代もカムバックする。8人組として帰ってくる少女時代は、早ければ6月末、遅くても7月中にカムバックする予定だ。忙しい個人スケジュールにより、正確なカムバックの日程は決まっていないが、遅くても7月中のカムバックはほぼ確定している。世間とファンの両方から韓国を代表するガールズグループとして認められており、ジェシカが脱退してから初めての8人体制での活動であるという点で大きな関心を集めている。

人気ガールズグループのApinkとGirl’s Dayも、SISTARや少女時代と共にオールスターバトルに合流する。Girl’s Dayは7月6日に正規アルバムでカムバックする。昨年7月の「Darling」以降、1年ぶりだ。所属事務所の関係者は、「タイトル曲を選ぶのに時間がかかり、当初の計画よりもかなりカムバックが遅れてしまったが、1年ぶりにカムバックすることになった。慎重に曲を選んだため、たくさんの方たちに愛してもらえると思う」と伝えた。

Apinkも7月のカムバックが有力視されている。海外活動やアルバム制作などにより、まだ日程が決まっていないが、早い内にカムバックすることが予想されている。少女時代とSISTARはもちろん、頻繁にライバルとして言及されているGirl’s Dayとの対決に注目が集まっている。最近、日本の国民的ガールズグループと呼ばれているAKB48に続き、オリコンチャート2位にランクし、新たな韓流ガールズグループとして成長したApinkは、中国・上海でも5月30日に単独コンサートを行い、アジア圏で爆発的な人気を集めているため、8か月ぶりの韓国カムバックに集まる視線も相当なものであることが予想される。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 06月 03日 14:09