[芸能] ZE:Aシワンが初のアジアツアーファンミーティングを大盛況のうちに終え、次回作の撮影に集中!!

ZE:Aのシワンが初のアジアツアーファンミーティングを大盛況のうちに終えた。

「2015 ASIA TOUR FANMEETING HELLO」というタイトルで行われた今回のファンミーティングは、3月7日の東京からスタートし、ソウル、香港、廣州、台湾、そして今月23日の中国・上海を最後に、計6か所の都市でアジアツアーを終えた。

シワンはドラマ「太陽を抱いた月」に出演した当時から、かっこいい外見で国内外のファンから人気を集めてきた。その後、ドラマ「赤道の男」、「恋愛を期待して」、映画「弁護人」などを経て、ケーブルチャンネルtvN「未生~ミセン(原題)~」に出演し、実力派俳優としての地位を確立させた。

シワンは今回のファンミーティングで過去の出演作ハイライトをファンたちと鑑賞し、当時のエピソードを明かしたり、熊の人形と即興の演技を見せるなどして、会場の笑いを誘い、アジアファンの心を鷲掴みにした。

特にソウルのファンミーティングでは、tvN「未生~ミセン(原題)~」のキム・ウォンソク監督と俳優イ・ソンミンがサプライズゲストとしてステージに登場し、シワンとの深い絆を見せた。シワンの歌の実力や人気に感嘆しながらも、シワンに対する絶賛を惜しまなかった。

また、普段から同年代よりも落ち着いた姿を多く見せてきたシワンは、会場でファンたちの悩みを直接受け付けて相談を聞いたり、EXOの「Growl」やSOLの「俺だけを見つめて」のステージを披露し、アイドルとしての能力も発揮し、ファンたちと共に楽しく充実した時間を過ごした。

アジアツアーファンミーティングを終えたシワンは、「皆さんと過ごしてきた「HELLO」が終わりました。本当に価値のある時間でした。歓迎してくれたファンの皆さんにもう一度感謝の気持ちを伝えたいです。もっとかっこよくなった姿でまた会いましょう」と感想を伝えた。

一方、シワンは「ワンドゥギ」や「優雅な嘘」を手掛けたイ・ハン監督の次回作であり、シワンとコ・アソンの共演で期待を集めている映画「オッパの考え(原題)」のハン・サンリョル少尉役を次回作として決定し、今月18日から本格的な撮影に突入した。

(写真=スター帝国)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 05月 27日 15:49