[K-POP] VIXXラビ、WINNERソン・ミンホらが参加する「SHOW ME THE MONEY4」の1次予選に7千人の応募者が殺到「歴代最高の記録」

韓国Mnet「SHOW ME THE MONEY4」の1次予選に歴代最高である7千人の応募者が殺到し、冷めやらないヒップホップの人気を改めて証明した。

5月10日に仁川(インチョン)南洞(ナムドン)体育館で行われた1次予選を皮切りに「SHOW ME THE MONEY4」が本格的なスタートを切った。予選の会場にはなんと7千人の応募者が殺到し、いつにも増した熱気に包み込まれた。

特に今回の予選では、P-Type、Microdot、Xitsuh、Andupなどのアンダーシーンではすでに知られている実力派ラッパーたちや、すでに多くのファンを持つアイドルグループVIXXのラビ、WINNERのソン・ミンホ、MADTOWNのBuffy、MONSTA Xのジュホン、EvoLのJUCY、ToppDoggのキド、ヤノなどが参加し、注目を集めた。参加者全員が自身の実力を惜しみなく発揮するという覚悟で望み、張り詰めた緊張感に包まれた。

また、老若男女を問わない様々な参加者たちも目を引いた。外国人や子供、老人に至るまで、ラップに対する情熱だけは誰にも負けないという参加者たちが一堂に集まり、それぞれが実力を発揮した。その中でも、アマチュアレベルを超えたずば抜けたラップを披露し、審査委員たちを驚かせる参加者たちも多く登場し、これからの活躍に期待を高めた。

参加者たちを応援するために訪れた家族や友人、ファンたちも現場の熱気をさらに盛り上げ、お祭りのような雰囲気を演出した。番組の制作陣は、「去年までは一人で予選に参加する人が多かったが、今年は家族、友人たちと共に現場を訪れる参加者が増えた。ヒップホップがだんだん世間に広まり、より多くの人たちが参加者を応援するようになったようだ」と伝えた。

プロデューサーたちは実力のあるラッパーを選抜するために、きついスケジュールの中でも厳しい目で審査に臨んだ。番組の制作陣は、「実力のある参加者が多くて、とても驚いた。脱落者と合格者を選ぶのに心血を注いだ。恐らく今までのシーズンの中で最も熾烈なバトルになるのではないかと予想している」と予選を終えた感想を伝えた。

Jinusean―TABLO、Verbal Jint―San E、JAY PARK―Loco、ZICO―Paloaltoによって構成された最強プロデューサー軍団もこの日一堂に集まった。

一方、いつにも増した熱気の中で熾烈な予選バトルを繰り広げた韓国唯一のラッパーサバイバル番組「SHOW ME THE MONEY4」は、6月中旬からの放送を控えている。

(写真=Mnet)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 05月 11日 17:21