[K-POP] ヤン・ヒョンソクがデビュー9年目のBIGBANGについて語る「彼らは軍隊に行っても心配ない、これからの9年も共にしたい」

4月26日午後、ヤン・ヒョンソクはソウル・オリンピック公園体操競技場で行われた「BIGBANG 2015 WORLD TOUR 'MADE' IN SEOUL WITH NAVER」が終わった後、記者会見を行った。

BIGBANGは2012年6月に発売した『STILL ALIVE』以降、完全体としては約3年ぶりに新曲ステージを初披露した。この日公開された新曲は、5月1日に公開予定の『MADE SERIES』のファーストシングル「M」の収録曲「LOSER」と「BAE BAE」だ。BIGBANGはワールドツアーのスタートと共に5月1日から8月1日まで毎月1曲以上が収録されているプロジェクトシングルアルバム『M』『A』『D』『E』を順番に発表し、9月に新しいアルバム『MADE』を発表する予定だ。

ヤン・ヒョンソクはこれについて、「実は、BIGBANGの正規アルバムを出そうかとも思ったが、正規アルバムを出してしまうと、タイトル曲の2曲くらいしか話題にならないから、素晴らしい収録曲をあまり聴いてもらえない。BIGBANGの歌を聞いていて、とてももったいないと思った。BIGBANGの新曲は、一曲一曲がとても素晴らしいため、全曲のミュージックビデオを制作して、アピールしていきたいと思った。皆さんになるべく多くの曲を聴いてもらいたいと思い、このようなプロジェクトシングルアルバム形式を選んだ」と説明した。

また、「BIGBANGは今年で9年目だ。BIGBANGのアルバムを頻繁に作れなかったばかりに、ファンの皆さんにたくさん文句を言われてしまったが、一つだけ約束を守れたと思っている。韓国のほとんどの男性アイドルグループは、4~5年しか活躍できない。契約期間のせいでそうなってしまう。ソテジワアイドゥルが長い間活躍できなかったから、BIGBANGは長い間活躍できるグループにすると約束していたが、今年で9年目になった。約束はできないが、僕の意思でどんな手段を使ってでも、これからの9年もBIGBANGと共にしていきたい。僕がとても大好きな弟たちだし、僕が好きなアーティストとして、共にしていきたいメンバーたちだ」と話した。

続いて、「BIGBANGが軍隊に行くことを心配している人たちがとても多いが、BIGBANGは軍隊に行っても心配ないメンバーたちだ。それぞれがソロとしての実力を持っているし、一人が軍隊に行ってもBIGBANGを続けることが出来る。二人が行ってもソロアルバムを出すことが出来るから、これから9年間ファンたちと一緒に年を取っていくグループになって欲しい。日本やアメリカなどの海外では、そのようなグループが多い。良い音楽を作ることが出来れば、BIGBANGは永遠なのではないかと思う」と付け加えた。

一方、BIGBANGはソウル公演を皮切りに2016年まで続く「MADE」のワールドツアーを通して、アジア、アメリカはもちろん、その他の地域に至るまで、全世界約15か国で70回の公演を行い、約140万人を動員する予定だ。

(写真=YGエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 04月 27日 14:24