[K-POP] Block Bのユニット「Block B Bastarz」が初のミニアルバムを発表、サーバーがダウンするほどの熱い人気!!

Block Bのユニット「Block B Bastarz」が、音源公開に先立って行われたモンキャスト生放送でサーバーがダウンするというハプニングが発生しながらも、ついにベールを脱いだ。

24時の音源公開に先立って行われた「モンキャスト」の生放送で、初めての“サーバーダウン”が起こった。Block B Bastarzの3人のメンバーを見れるという知らせに、23時30分頃からアクセスが殺到し、サーバーがダウンしてしまった。関係者は、「ファンたちのアクセスが殺到することはある程度予想していたが、サーバーがダウンするほどだとは思わなかった」と話し、Block B Bastarzに注がれた爆発的な関心に驚きを示した。

Block B Bastarzは今日24時に各オンライン音源サイトを通して、初のミニアルバム『品行ゼロ』を発売した。タイトル曲「品行ゼロ」は、刺激的なティーザーによって世間の関心を集めていたため、公開と同時に熱い注目を集めた。

Block Bのリーダージコの手によって生まれた曲「品行ゼロ」は、P.O、ユグォン、ビボムの3人のメンバーの歌声を収めており、非の打ち所がないほど強烈なサウンドでファンを魅了している。特に、メインテーマになっているシンセサイザーサウンドと、圧巻のステージで見せつけるというプライドを収めた歌詞が印象的だ。

今回のミニアルバムでは、P.Oの活躍が目立つ。ボーカルのユグォンとビボムのデュエット曲を除くすべての曲の作詞に参加した。また、ラップ曲の「bae jjyae」をはじめとし、軽やかなグルーブとファンキーなベースサウンドが魅力的な「チャーリー・チャップリン」の作曲に参加し、音楽的才能を発揮した。特にP.Oの曲「チャーリー・チャップリン」は、アルバムの構成当時にタイトル曲の候補になるほどだったという。

Block B Bastarzは、完成度の高いミニアルバムを掲げ、「戦争」とも言われている4月の歌謡界に久しぶりにカムバックする。

一方、初のミニアルバム『品行ゼロ』を発売したBlock B Bastarzは、16日から本格的に音楽番組に出演する予定だ。

(写真=Seven Seasons)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 04月 14日 18:34