[芸能] EXOが新曲「CALL ME BABY」を初めて聞いた時の感想とティーザー映像に隠された秘密ついて告白!!


4月7日に放送されたKBSクールFM「SUPER JUNIORのKISS THE RADIO」では、EXOのメンバーたちが「今回の正規2集アルバムのタイトル曲「CALL ME BABY」を聞いて、D.O.が一番気に入っていた」と明かした。

これを聞いたSUPER JUNIORのリョウクが「実は、「SORRY, SORRY」を初めて聞いた時は、僕たちの間でも好き嫌いが分かれた。「CALL ME BABY」を最初に聞いた時、あんまり気に入らなかったメンバーもいたのか?」と聞くと、メンバーたちは「カイだ」と答えた。

カイはこれについて、「デモテープを聞いた時は、正直気に入らなかったけど、メンバーたちとレコーディングをしたものを聞いてみると、本当に良い歌だった。最初とは気持ちがかなり変わった。ファンたちに早く聞かせてあげたかった」と新曲に対する思いを明かした。

また、この日の放送では、リョウクが最近話題になったEXOのカムバックティーザー映像「Pathcode #EXO」について言及した。

リョウクがこのティーザー映像の意味についてスホに尋ねると、スホは「僕もよく分からない」と正直に答え、笑いを誘った。チャンヨルも「都市はよく分からないけど、時間がヒントだ」と話した。

これを聞いたリョウクが「都市名の頭文字をとると、「CALL ME BABY」になるのではないか」と言うと、EXOのメンバーたちは「そうだ」と認め、ティーザー映像に隠された秘密を明らかにした。

※今回、「Pathcode #EXO」というタイトルでメンバー別に公開されたティーザーには、
①「Colorado(D.O.)」
②「Arizona(チャンヨル)」
③「London (カイ)」
④「Lyon(ベクヒョン)」
⑤「Marseille(スホ)」
⑥「Edinburgh(セフン)」
⑦「Barcelona(タオ)」
⑧「Almaty(チェン)」
⑨「Berlin(シウミン)」
⑩「Yunnan(レイ)」
という都市名が表示されており、その頭文字をとったものがタイトル曲「CALL ME BABY」となる)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 04月 08日 16:36