[ドラマ] BEASTユン・ドゥジュン主演の新ドラマ「ゴハン行こうよ♥」シーズン2が今日スタート、シーズン1との違いと見どころポイントは??

史上初の「モクパン(食べる放送・グルメ番組)ドラマ」として人気を集めた「ゴハン行こうよ♥」のシーズン2の放送が4月6日から始まる。

「ゴハン行こうよ♥」は、「一人暮らし」と「モクパン」という最近のトレンドにスリラーとロマンスの要素を加え、劇的な面白さを生み出したドラマとして人気を集め、1年ぶりにシーズン2として帰ってきた。シーズン2では、世宗市(セジョン市)に生活の拠点を移した主人公ユン・ドゥジュン(ク・デヨン役)が新しいご近所さんたちと出会いながら経験するストーリーが面白く描かれる予定だ。前回のシリーズに続き、パク・ジュンファプロデューサーとイム・スミ作家が再び手を組み、制作を務めた。バラエティに富んだキャラクターと、より一層深みを増したストーリーにより、シーズン1を越える面白さが期待されている「ゴハン行こうよ♥」シーズン2の見どころをまとめた。

▶ 「モクパン」に「ストーリー」を加えた

シーズン1は「モクパン」に重点を置いていたが、シーズン2では「モクパン」にパワーアップしたストーリーを加え、「モクパンドラマ」としてさらに進化したストーリーを見せる予定だ。シーズン1は一人暮らしをする人たちのストーリーを描いたが、シーズン2では家族にまつわるストーリーも加え、一人暮らし社会の中にある温かいご近所さんたちとのストーリーを描く。

演出を担当するCJ E&Mのパク・ジュンファプロデューサーは、「今回のシーズン2の「モクパン」は、寂しい人たちが打ち解けあえる機会になるだろう。シーズン1は食べることに重点を置いていたが、シーズン2は人間関係に重点を置いた。人間関係とストーリーが詰まった「モクパン」をお見せする。また、シーズン2では様々な年齢層と職業を持った人たちが登場する。シーズン1は一人で住む人たちと、一人のストーリーを描いたが、シーズン2は家族と一緒に住んでいても、一人で幸せに住んでいても、その中で寂しさを感じる人たちに共感してもらえるテーマを加えた」と伝えた。

▶ さらに深まった新・旧俳優陣のコンビネーション!魅力的なキャラクターに期待

劇中、有名なグルメブロガー“シクシャ様”であり、保険会社に勤めるユン・ドゥジュン(ク・デヨン)、ク・デヨンの小学校の同級生であり、フリーランサー作家のペク・スジ、ペク・スジが尊敬するエリート公務員イ・サンム(クォン・ユル)という3人がストーリーを引っ張っていく。さらに、ク・デヨンが引っ越したアパートの1階に住むおばあさんイ・ジョミ(キム・ジヨン)、根気強い大家さんキム・ミラン(ファン・ソクチョン)、40代で単身赴任中のお父さんイム・テクス(キム・ヒウォン)、かっこつけてばかりの7級公務員ホン・イナ(チョ・ウンジ)、20代前半のアルバイトファン・ヘリム(ファン・スンヨン)、ベールに包まれた人物(イ・ジュスン)など、様々なご近所さんたちのストーリーが繰り広げられ、“家族型ドラマ”としてパワーアップした。

個性溢れる若手俳優たちと演技派のベテラン俳優たちがシナジー効果を生み出し、ドラマをより面白くしていく予定だ。パク・ジュンファプロデューサーは、「俳優たちの熱演により、役柄がより魅力的に生まれ変わった。役柄をうまく演じてくれるおかげでドラマがより温かく、面白くなった。放送が始まれば、おそらく多くの方が様々なキャラクターの中毒になるだろう」と伝えた。

▶ よだれ注意!夜食注意!モクパンドラマの帰還

「ゴハン行こうよ♥」シーズン2で欠かせない“モクパンパレード”が今回も視聴者の空腹を誘うことが期待される。最初の「モクパンシーン」として明らかになったのは、イカの刺身、あさりのカルグクス、ボッサム、中華料理など、親しみのある定番料理が登場する。フードスタイリスト付添いの元撮影が行われ、俳優たちが実際にもおいしく食べられるよう出来たての料理を準備するなど、手の込んだ撮影を行っている。

「夜食が食べたくなるドラマ」、「よだれが垂れてしまうドラマ」と呼ばれるほど魅力的な“モクパンパレード”を見せた「ゴハン行こうよ♥」が、シーズン2では食べ物にどのようなストーリーを加え、視聴者たちを魅惑するのかに期待が集まっている。

一方、「ピリ辛でおいしい」ストーリーを見せるtvNの月火ドラマ「ゴハン行こうよ♥」シーズン2は、6日の夜11時に放送される。

(写真=CJ E&M)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 04月 06日 10:57