[K-POP] カムバック目前のEXOが新しいアルバムの全貌を公開!!海外の有名作曲家やSHINeeジョンヒョンが参加した完成度の高いアルバムを紹介

カムバックを控え、連日話題を集めているグローバルアイドルEXOが正規2集『EXODUS』を発表し、再び歌謡界でEXOブームを巻き起こす。

EXOは3月30日正午、Melon、Genie、NAVER MUSICなどの各種音楽サイトを通して、正規2集『EXODUS』の全曲の音源を公開すると同時にアルバムを発売する。この日はいわゆる「EXOデイ」になるため、世界中のファンたちの爆発的な反応が期待される。

今回のアルバムには、世界的なプロデューシングチームや多国籍の作曲家たちが集まり、SMアーティストの曲を共同制作するSMソングライティングキャンプ(SM Songwriting Camp)に参加したThe Underdogs、Teddy Riley、Stereotypes、Kenzieなど、トップレベルの作曲家たちがEXOのために作った曲が収録されており、アルバムの完成度をより一層高めた。また、SHINeeのジョンヒョンも作曲家として参加し、様々なジャンルの計10曲が収録されているため、EXOの多彩な音楽カラーを楽しむことができる。

タイトル曲「CALL ME BABY」は、中毒性の強いフックとメロディー、センス溢れる歌詞の組み合わせが際立つ曲であり、強いドラムビートとブラス、ストリングスでパワフルに仕上がっている。StereotypesとKenzieの初のコラボレーション作品であるR&B曲の「TRANSFORMER」、The UnderdogsのR&Bバラード「What If..」もアルバムの完成度を倍増させた。

また、SHINeeのジョンヒョンが作曲した「PLAYBOY」は、シックで冷たいプレイボーイに関するストーリーが収められており、魅力的なバラード曲「MY ANSWER」には、一人の女性だけを見つめる男の心のこもった告白が、ダンス曲「EXODUS」には、致命的な魅力を持った女性から抜け出そうとする男のストーリーが収められており、EXOのより一層大人っぽくなった感性を感じられる。

これ以外にも、EXOが2012年のデビューを控えて公開したメンバー別ティーザー映像に挿入され、話題を集めた「EL DORADO」と「BEAUTIFUL」のフルバージョンも収録され、注目を集めており、暗くて幻想的ながらも強いビートのサウンドと雰囲気のギャップが印象的な「HURT」、スローテンポのアーバンR&B曲「Lady Luck」などの計10曲が収められており、音楽ファンたちの熱い反応を集めることが予想される。

一方、EXOは4月2日のMnet「M COUNTDOWN」を皮切りに3日のKBS「ミュージックバンク」、4日のMBC「音楽中心」、5日のSBS「人気歌謡」などの各種音楽番組に出演し、新曲ステージを披露し、活動を行っていく予定だ。

(写真=SMエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 03月 26日 11:34