[K-POP] 4月の韓国音楽界がアツい!!「BIGBANG vs EXO」のビッグ対決からmiss A、イ・スンギのカムバック、Busker Buskerの春ソングまで!!

4月の韓国音楽界で激しいバトルが繰り広げられる。アジア最大のアイドルグループとして立地を固めているEXOとBIGBANGの対決をはじめとし、イ・スンギ、miss Aなどの人気歌手が一挙カムバックする。トップレベルの歌手たちのカムバックラッシュの中、4月の定番ソングである「桜エンディング」の成績にも関心が集まっている。

暖かい春を迎える4月、カムバックラッシュが始まる。まずは韓国と中国で熱い人気を集めているEXOが4月初めのカムバックを確定した。彼らは今月7日と8日に開かれたソウルコンサートを通して、新しいアルバムのタイトル曲「(Call Me Baby」を含めた新曲9曲を披露し、カムバックに向けて本格的に動き出した。

日本で全盛期を迎えているBIGBANGも、やはり4月にカムバックする。所属事務所であるYGエンターテインメントは、「4月のアルバム発売を目標に、準備に突入した」と明かした。これは2012年6月に発表したアルバム『STILL ALIVE』以来、約3年ぶりのカムバックとなる。

プロデュースを務めるG-DRAGONが3年間心血を注いで作った曲であるということと、ユニットではない完全体でのカムバックであるという点に関心が集まっている。EXOとBIGBANGのカムバックは、韓国音楽界の核心であるSMとYGの代表アイドルの新旧対決であるという点でさらに興味深い。


しかし、4月はこの2チームだけの対決では終わらない。「Bad Girl Good Girl」で歴代最高のヒットを記録したmiss Aも、カムバックの準備を終えている。所属事務所であるJYPエンターテインメントは、「最近ミュージックビデオの撮影を終えた。miss Aならではのカラーを見せることのできる歌でカムバックする」と明かした。

miss Aは2013年に発表した「HUSH」を通して、地上波音楽番組の1位と8つの音源チャートの1位を席巻した。最大のヒット曲である「Bad Girl Good Girl」ほどの話題と成績を残すことはできなかったが、音源チャートと音楽番組ではその人気を証明したと評価された。

カムバックを控えているイ・スンギも無視できない音楽界の人気スターだ。2012年初めにミニアルバム『森』を発売して以来3年ぶりだが、「僕の女ってば」、「結婚してくれる?」、「元にもどす」など多くのヒット曲を出し、人気を固めてきた人物だ。しかし、カムバックの時期は多少変更の余地がある。4月初めのカムバックが有力だが、所属事務所側は「4月~5月の発売を目標に準備している」と明かした。

超人気歌手たちのカムバックラッシュの中、「桜エンディング」の成績にもやはり注目が集まっている。2012年3月29日に発表された「桜エンディング」は、毎年春が来る3月と4月に再ブームを巻き起こしてきた。今年もやはり音源チャートの上位圏(Melon 10位、NAVER MUSIC 12位、alleh music 17位)にランクし、再ブームの兆しを見せている。春シーズンが本格化すれば、さらに順位が上がることが予想される。

果たして4月のカムバックラッシュの中で誰が生き残ることができるのか。ファンと業界関係者の注目が集まっている。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 03月 13日 11:26