[芸能] BIGBANGのT.O.Pがこよなく愛するインテリア、「人生と音楽において、デザインが大きな力になった」


BIGBANGのT.O.Pは、国際的なアートフェア「シンガポールアートウィーク」を3泊4日で訪問し、その旅程とインタビューをインテリアライフスタイル雑誌「Maison」の3月号を通して公開した。

すでに約80個の椅子を集めるほどのコレクターであり、インテリア関係者の中でも噂になるほどデザイン家具に人一倍愛情を持っているT.O.Pは、今回のインタビューを通して、「人生と音楽において、デザインが大きな力になった」と話し、家具に関心を持つことになったきっかけを明かした。

そんな彼は、「革製ソファの周りは、様々なアイテムが一つになった時、その空間が素敵な“気”でいっぱいになると思う」とホームインテリアに対する自身のノウハウを明かした。

T.O.Pと共にアートウィークを回った担当編集者は、アートフェアで真剣なまなざしと作品に対する態度を見て、T.O.Pのデザインに対する情熱を感じたと絶賛したという。

現在、ギャラリスト(美術商)としての急成長を夢見ながら、デザインと美術に関する二つのプロジェクトを準備中だというT.O.Pは、BIGBANGのT.O.Pとしてではなく、チェ・スンヒョンとしての本当の姿を見せるために挑戦しており、これからの活動に期待が集まっている。

一方、芸術家としてのT.O.Pの真摯な姿を感じられるグラビアとインタビューは、「Maison」の3月号とウェブサイトで確認できる。

(写真=Maison)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 03月 09日 16:19