[K-POP] EXOが単独コンサートで新曲ステージを初披露、東方神起も手掛けたことのある実力派ディレクターが総演出を担当

EXOは3月7~8日、13~15日の計5日間、ソウルオリンピック公園体操競技場で2回目となる単独コンサート「EXO PLANET #2 – The EXO’luXion –」を開催し、様々な音楽とパフォーマンスで飾られる幻想的な公演で観客を魅了する予定だ。

EXOは今回のコンサートを通して、2012年当時のデビュー前に公開したメンバー別ティーザー映像の挿入歌として使われていた「El Dorado」をはじめとし、今後発売される新しいアルバムの収録曲や今回のコンサートのために準備した新曲ステージを初披露する。

新しい編曲と振付によって生まれ変わったヒット曲ステージなど、EXOの様々な音楽カラーと、初の単独コンサートを通してより一層成長した彼らのステージマナーを楽しむことができる。

今回のコンサートの総演出は、SMパフォーマンスディレクターのシム・ジェウォンが担当する。EXOをデビュー前から手掛け、最高の息を見せてきたシム・ジェウォンは、東方神起のスペシャルライブツアーを通しても公演の演出力が認められているため、EXOならではのカラーと個性を最大限に生かした完成度の高い公演を見せることが期待できる。

また、今回のコンサートは、1月に行われたチケット販売の際に全席完売を記録したのに続き、ファンたちの爆発的な反応によって、1回の公演を追加し、アイドルグループとしては初めて体操競技場で5回の公演を開催するなど、公演前から熱い話題を集めていたため、EXOの熱い人気とそのすごさを改めて証明するきっかけになることが予想される。

一方、EXOは現在コンサートの準備に集中している。

(写真=SMエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 03月 03日 13:40