[芸能] 元MBLAQイジュンが同級生との熱愛説を全面否定「舞踊専攻の友人だ、恋人ではない」

イジュンの所属事務所プレインTPC側は、1月8日の公式報道資料を通して、同級生と交際2年目だという報道を全面的に否定した。

所属事務所は、「イジュンは芸術高校で舞踊を専攻し、同性の友人よりも異性の友人が多い。言葉通り、みんな仲の良い友人であるだけで、恋人関係ではない」と明かした。

また、「俳優本人も恋愛が恥ずかしいことではないと思っている。素敵な人に出会えれば、誰かの口からではなく、私共が先にお伝えする」と説明した。

そして、「イジュンは恋愛よりも熱演を望んでいる青年だ。これからの活動も応援して欲しい」と伝えた。

一方、2009年にMBLAQとしてデビューしたイジュンは、デビューと同時に映画『ニンジャ・アサシン』などの俳優活動で注目を集めた。以降、映画『俳優は俳優だ』、ドラマ『カプトンイ』などの作品ごとに強烈なキャラクターを演じ、俳優としての立地を固めた。

イジュンは昨年12月16日にJ. Tuneエンターテインメントとの専属契約及びMBLAQの活動などが昨年11月末のカーテンコールコンサートを最後にすべて終了したことを知らせ、MBLAQから公式的に脱退した。その後、リュ・スンリョン、オ・サンジンなどが所属するプレインTPCに入った。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 01月 08日 12:28