[映画] パク・セヨン「SUPER JUNIORカンインと濃厚なスキンシップ、早く仲良くなれてよかった」(映画『猫の葬儀』メディア試写会)

パク・セヨンは、1月7日にソウル・往十里(ワンシムニ)で開かれた映画『猫の葬儀(原題)』のメディア試写会に出席し、「SUPER JUNIORのカンインさんとは、台本読みの時に初めて会ったけど、私にとってはこの作品が初めての映画だったから、しっかりと出来るかどうかとても心配していました」と話した。

パク・セヨンは、「とても人見知りをする方だから、どうやったら仲良くなれるかをすごく悩みました。特に、長い間付き合っているカップル、別れてから再会するシーンなどを撮影しなければいけなかったから、仲良くなるのは絶対条件でした。でも、ありがたいことにカンインさんが先に心を開いて歩み寄ってくれました」と明かした。

また、「現場ではいつも笑わせてくれました。最初に1、2回会った時は気まずくて、あまり話すことが出来ませんでしたが、本当に早いうちにそのような雰囲気がなくなりました。撮影の途中に食事をするときも、いつも一緒に食べようと気を遣ってくれました。色んな話をしているうちに早く仲良くなることが出来ました」と感謝の気持ちを伝えた。

一方、同名人気ウェブチューンを原作にした『猫の葬儀』は、お互いに一目惚れし、美しい時間を過ごしていたが、別れざるを得なかったカップルが特別な再会を果たす一日を描いた作品だ。タイトルである『猫の葬儀』は、一緒に飼っていた猫クルムの葬儀であり、カップルにとっては過去の思い出を髣髴させると同時に、正直に言えなかった気持ちを告白する最後の機会を与える一日という意味だ。1月15日に韓国で公開される。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2015年 01月 07日 16:58