[K-POP] G-DRAGONとSOLのヒップホップユニット“GD X TAEYANG”がG-DRAGONの自作曲を発表

YGエンターテインメントは11月20日に公式ブログを通して、「GD X TAEYANG」の2つ目のティーザーイメージを公開し、彼らのシングル「GOOD BOY」がG-DRAGONの自作曲であると明かした。

ティーザーイメージには、ダンサーたちと一緒に右手を上げているG-DRAGONとSOLの写真と共に「GOOD BOY」という文字が書かれている。G-DRAGONがThe FliptonesとFreedoと共同作曲し、G-DRAGONが作詞・編曲を手掛けた曲であり、The FliptonesはSOLの正規2集でG-DRAGONと共同作曲した「Stay With Me」をはじめとし、Britney Spears、 Jason Derulo、Ice Cube、Santanaなどの世界的ミュージシャンと共に制作してきたプロデューサーチームとして有名だ。

21日に公開される今回のYG初のヒップホッププロジェクトの主人公がG-DRAGONとSOLのユニットであることが明らかになり、ファンは彼らが発表する新たな音楽やダンス、スタイルなどの大きな期待を集めている。

13歳の時にYGの練習生として出会い、14年間BIGBANGとして苦楽を共にしてきたG-DRAGONとSOLは、BIGBANGの活動以外にもお互いのソロアルバムに参加し、音楽的な成長を共にしてきた。

SOLの初のミニアルバムに作詞・作曲家として参加したことはもちろん、正規1集タイトル曲だった「I need a girl」にフィーチャリングとして参加し、友情を証明したG-DRAGONは、最近ではSOLの正規アルバム『RISE』の「STAY WITH ME」、「RINGA LINGA」で共同制作を行った。SOLもG-DRAGONの初のソロアルバムの収録曲「KOREAN DREAM」にフィーチャリングとして参加するなど、お互いに音楽的インスピレーションを交わしてきた。

長い時間を共に過ごしてきたG-DRAGONとSOLが、今回のヒップホッププロジェクトとして発表する「GOOD BOY」を通して、どのようなシナジー効果を生み出すのかにさっそく関心が集まっている。

一方、YGでは「GD X TAEYANG」に続き、12月2日0時には「YG HIPHOP PROJECT2」が発表される。「YG HIPHOP PROJECT2」には、計3人のミュージシャンが参加する予定だ。

(写真=YG提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 11月 20日 11:03