[ドラマ] 新ドラマ『七転び八起き、ク・ヘラ』にB1A4ジニョン、ヘンリー、パク・グァンソン、ユ・ソンウンの出演が決定

Mnet(韓国Mnet)が2015年1月から放送開始するミュージックドラマ『七転び八起き、ク・ヘラ(原題)』に実力派ミュージシャンたちが一挙キャスティングされた中、B1A4のジニョン、SUPER JUNIOR-Mのヘンリー、ULALA SESSIONのパク・グァンソン、ユ・ソンウンが確定した。

Mnetは今年9月に人生の不合格者達の“運命逆転ミュージック駆け引きドラマ”『七転び八起き、ク・ヘラ』の制作を発表した。現在キャスティングの最終段階であり、11月末にクランクインする予定だ。

『七転び八起き、ク・ヘラ』は、運もスペックもなく、幼い年齢により事務所に入れないク・ヘラと、そんな彼女と三角関係になる双子の兄弟カン・セジョンとカン・セチャンの3人が2010年の『SUPER STAR K 2』に挑むところからストーリーが始まる。「父親の遺作を世間に広めることが夢」だというク・ヘラと、音楽に対する熱い情熱を持った若者たちが繰り広げる運命逆転記が面白く描かれる予定だ。

カン・セチャン役にキャスティングされたB1A4のジニョンは、アルバムをプロデュースしたり、作詞・作曲を手掛けるなど、音楽的才能を発揮している。それだけでなく、映画『怪しい彼女』でも大きな存在感を見せ、俳優としても認められている。

また、バイオリンやピアノなどのずば抜けた演奏の実力はもちろん、歌や作詞に至るまで、多彩多能な能力で認められているSUPER JUNIOR-Mのヘンリーは、韓国語はつたないが、天然で可愛らしい魅力を持った音楽の天才キャラクターヘンリーを演じる。

『SUPER STAR K』で優勝を勝ち取ったULALA SESSIONのパク・グァンソンは、潔癖症を持った16代続く一人息子のチャングンを、『ボイスコリア』に出演し、爆発的な歌唱力を認められたミュージシャンのユ・ソンウンは、外見にコンプレックスを持ったイ・ウリを演じる。

『七転び八起き、ク・ヘラ』は、音楽を愛する若者たちのストーリーであり、音楽に対する情熱、成長、友情、ラブストーリーを感覚的に描く予定だ。『SUPER STAR K』と『Dancing9』を初めて手掛け、韓国にシンドロームを巻き起こしたキム・ヨンボムプロデューサーと、『Dancing9』シーズン2のアン・ジュンヨンプロデューサー、バラエティ番組『チンチャ サナイ~男の中の男』、『ミュージックバンク』、『天生縁分』などを手掛けたシン・ミョンジン作家、『ノンストップ』、『鴨鴎亭(アックジョン)ダイアリー』を執筆したチョン・スヒョン作家がタッグを組む。

一方、キム・ヨンボムプロデューサーは、「実力派ミュージシャン達を集めるために長い時間をかけた。アイドルという偏見をなくしているジニョン、ヘンリーと、爆発的な歌唱力を認められているユ・ソンウン、パク・グァンソンを1次ラインナップとして先に公開した。心血を注いで素晴らしいコンビネーションを完成させた。素敵な音楽と感動的なストーリーが詰まったミュージックドラマを作るために万全を期する」と明かした。

(写真=CJ E&M)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 11月 17日 18:05