[芸能] WINNERが可愛い赤ちゃんと共に養子の活性化を促すプロジェクト『天使たちの手紙』写真展に参加

WINNERが写真家のチョ・セヒョンと共に愛の写真展『天使たちの手紙』に参加し、注目が集まっている。

11月10日、チョ・セヒョンのTwitterには、「『天使たちの手紙 2014』の撮影がついに始まりました」という文章と共に4枚の現場写真が公開された。

白いシャツに黒いパンツを合わせ、ダンディーな魅力を見せているWINNERのメンバー達は、優しい笑顔で温かい気持ちを伝えている。赤ちゃんの手を握り、可愛くて仕方がないという表情を見せているソン・ミンホと、慣れたように自然に赤ちゃんを抱いているキム・ジヌとナム・テヒョンが印象的だ。

また他の写真では、キム・ジヌの抱いていた赤ちゃんがキム・ジヌの服を汚してしまった様子も収められている。困惑しながらも明るく微笑んでいるキム・ジヌと、これを笑いながら見ているカン・スンユンの姿が微笑ましい。また、ナム・テヒョンは赤ちゃんの目を見つめ、終始可愛がっている姿だ。

2003年から始まり、今回12回目を迎えた写真展『天使たちの手紙』は、韓国国内の入養(養子を迎え入れること)の活性化を図るため、写真家のチョ・セヒョンが韓国国内の養子対象になっている子供達の“100日写真”を撮影し、贈るという写真展だ。意味のある写真展として、以前にはショーンとチョン・ヘヨン夫婦をはじめとし、G-DRAGON、SOLなどのYG所属のアーティスト達が多く参加したプロジェクトだ。

一方、WINNERが参加した愛の写真展『天使たちの手紙』は、ファッション誌『Cosmopolitan』と共に行われ、12月17日から23日までソウルに位置する仁寺(インサ)アートセンター2階の第2展示場で計20点の作品と共に開催される。オンライン写真展は、12月17日からポータルサイトNAVERのフォトギャラリーで展示される予定だ。

(写真=チョ・セヒョン写真家、チョ・セヒョンTwitter)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 11月 11日 17:31