[K-POP] SUPER JUNIORキュヒョンの初のソロアルバム、東方神起チャンミンをはじめとし、イルマなど多くの有名音楽家がサポート

SUPER JUNIORのキュヒョンが10日に公式ホームページ、Facebook、SMTOWNページを通して、初のミニアルバム『光化門で』のトラックリストを公開した。今回のアルバムには、秋の感性を刺激する計7曲が収録されている。

特に今回のキュヒョンのアルバムには、有名な音楽家が多く参加した。タイトル曲「光化門で」を作曲したKenzieをはじめとし、ピアニスト兼作曲家のイルマ、Honeydew'o(Brown Eyed Soulのジョンヨプ&Eco Bridge)、「二人」や「良いだろうな」の作曲家ユン・ヨンジュン、人気作詞家のヤン・ジェソンなど、トップのヒットメーカーたちが参加し、アルバムの完成度を高めた。

また、今年9月に開催された『SUPER SHOW 6』のソウル公演で初披露し、熱い話題を呼んだキュヒョンの自作曲であり、東方神起のチャンミンが作詞に参加した「僕の考え、君の記憶」に加え、イ・ムンセのヒット曲をリメイクした「深い夜を飛んで」も収録されており、キュヒョンの様々な魅力を楽しむことができる。

アルバムの発売を控えたキュヒョンは、個人のTwitterアカウントを通して、収録曲の音源の一部を先行公開した。週末の間で公開された「光化門で」と「後ろ姿がきれいだった」が熱い話題を呼んでおり、初のソロアルバムに期待が集まっている。

キュヒョンは13日午前11時にソウルに位置するイェス24のムーブホールで取材陣と観客を対象にした初のソロアルバム発売記念の秋の音楽会『光化門で』を開催し、新曲のライブステージを初公開し、14日のKBS 2TV『ミュージックバンク』を皮切りに様々な音楽番組に出演し、本格的な活動に突入する。

一方、キュヒョンの初のミニアルバム『光化門で』の音源は、11月13日9時に各種音楽サイトを通して公開され、オフラインのアルバムも同日に発売される。

(写真=SMエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 11月 10日 15:59