[ドラマ] ZE:Aのシワンとヒョンシクが週末ドラマで活躍中!!着実に積んできた経験による安定した演技力が話題

ZE:Aのイム・シワンとパク・ヒョンシクがケーブルと地上波でそれぞれ視聴率1位を記録しているドラマの主人公として出演し、熱い人気を集めている。

シワンとヒョンシクは現在、ケーブルと地上波で放送されているドラマの内、最も高い視聴率を誇る2作品のドラマを引っ張っている主役だ。

シワンはtvN金土ドラマ『未生(原題)』でチャン・グレ役を演じ、新入社員時代を経験した視聴者達の共感を呼んでいる。

そんなシワンは2012年のMBCドラマ『太陽を抱いた月』を通して本格的な演技を始め、KBS『赤道の男』、映画『弁護人』、MBC『トライアングル』などに立て続けに出演し、アイドルとは思えない演技力を見せつけた。ソン・ガンホ、クァク・ドウォン、イ・ボムスなどの大御所俳優と共演してもひけを取らないほどの安定した演技力を持った彼は、『未生』を通して今まで積んできた演技の経験をしっかりと生かしている。

一方、KBS2『家族同士で何するの(原題)』に出演しているヒョンシクは、深みのある安定した演技はもちろん、大先輩の俳優達ともぴったりの息を見せ、大きな活躍を繰り広げている。

ヒョンシクもいくつかのドラマを通して、俳優としての可能性を見せてきた。『シリウス』では一人二役に挑戦し、全く性格の異なる双子の演技を、『ナイン ~9回の時間旅行~』ではイ・ジヌクの子役を演じ、100%のシンクロ率を誇るリアルな演技を披露した。

また、『相続者たち』では明るい魅力が持ち味の“国民的ビタミン”キャラクターとして注目され、“スターの登竜門”であるKBS週末ドラマ『家族同士で何するの』を通して地上波の主演を果たし、人気を集めている。

シワンのヒョンシクの所属事務所関係者は、「シワンとヒョンシクが「アイドル出身」というレッテルを取り除くため、常に台本を完璧に覚え、分析している。まだ演技の経歴は長くないが、二人とも役柄の比重にかかわらず、様々な作品とキャラクターを通して、演技の経験を積んできた。お見せするものが多い彼らを応援してほしい」と伝えた。

(写真=tvN、KBS)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 11月 10日 15:58