[芸能] [芸能界の裏話]以前“恋人になりかけた”スターカップルがドラマで共演、ベッドシーンではあからさまに嫌な顔!?

以前“恋人になりかけた”男性スターと女性スターが共演し、ベッドシーンを撮るというなんともアイロニーなハプニングが発生した。

同じ芸能界の仲間として過ごしていた男性スターAと女性スターBは、以前お互いに好感を持っていた。仲良くしていた二人の関係は、交際する直前まで発展し、熱く盛り上がっていた。まさに最近流行りの「Some」(恋人ではないが、お互いに好意を持っている男女)関係になっていたわけだが、結局は恋人にはなれないまま、二人は離れてしまった。

それ以来よそよそしく過ごしていた二人は、時が経った後、同じ作品でカップルとして共演することになった。様々な理由や事情で共演することになったAとBは、撮影の間もなかなか仲良くすることができず、キスシーンやベッドシーンも“なんとか”撮影することができたという。

関係者によると、二人は妙な神経戦を繰り広げていたという。Aが何かを提案すると、Bはそれに反対したり、参加しなかった。また、Bがご飯を御馳走する席には、Aが参加しないほどだった。数年前にはいい感じになっていたものの、最終的には良くない印象だけが残ってしまったのか、二人の神経戦は周囲の人達までを気まずくさせていたという。

その関係者は、「そんな関係で作品を完成させることが出来たことが不思議だ。ちょっと見ただけでは、仲が良さそうにも見えるけど、撮影現場ではケンカが勃発するのではないかとひやひやしていたと聞いた」と明かした。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 11月 06日 17:24