[映画] f(x)ソルリ、活動休止から3ヶ月ぶり公の場に登場!役作りのため「ブサイクに見えるようラーメン食べて寝た」

活動休止を宣言したf(x) のメンバー・ソルリが、3ヶ月ぶりに公の場に姿を表した。映画「ファッション王」のヒロインであるウンジン役を務めたソルリは、役作りのために孤軍奮闘したエピソードを打ち明けながら、元気な笑顔をみせた。

31日午後、ソウル・城東区(ソンドング)にあるCGV往十里(ワンシムニ)店で、映画「ファッション王」(オ・ギファン監督、Y Lab制作、NEW配給)のマスコミ試写会が行われた。

記者会見に出席したソルリは、映画で優等生のウンジン役を演じた所感を伝えた。

彼女は「監督と俳優さんたちがたくさん配慮してくださったおかげで、このような場に参加することができました。この場を借りて改めて感謝します」と笑顔を浮かべた。

映画で人形のようなルックスを隠し、勉強熱心な少女役を演じたソルリは「撮影が始まったばかりは、どうすればブサイクに見えるかすごく悩んでいました。監督とたくさん相談しましたし、先輩俳優たちのアドバイスで助けられました」と感謝の気持ちを伝えた。


これに映画の男主人公を務めるチュウォンは「ソルリさんは変な服を着てメガネをかけてもとてもきれいでした。スタッフの方もソルリのルックスを変えるために相当苦労しました」と絶賛。共演俳優のアン・ジェヒョンも「ソルリさんはむくんだ顔を作るために夜中にインスタントラーメンを食べて寝たと言っていました」と打ち明けた。ソルリは爆笑しながら「オ監督がそう命令したんです。だから一生懸命ラーメンを食べました」と付け加え、現場を沸かせた。

映画「ファッション王」は、普通の男子校生のウ・ギミョンがすてきな男に生まれ変わるために、ファッションの世界へ目覚め、学校の一番おしゃれを目指す挑戦記を描いた作品。同名の人気ウェブ漫画が原作だ。

主役はチュウォン、アン・ジェヒョン、キム・ソンオ、パク・セヨン、ソルリが務め、映画は11月6日、韓国で全国公開される。

THE FACT|ソン・ジヨン記者

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 10月 31日 18:48