[芸能] 女優ユン・ウネ、ファンとの口論でファンクラブ閉鎖?!一体何が

女優ユン・ウネのファンクラブが事実上、閉鎖状態だ。映画出演をめぐりファンと対立したのが原因で、彼女は一部のファンに強力な警告メッセージまで残したという。ファンクラブは現在、新規会員の登録を行っていない状況だ。

31日、韓国のあるメディアは、最近ユン・ウネがカムバック作として検討中の日・中・韓合作映画「After Love」と関連して、ファンと対立し、ついには開設したばかりのファンカフェ(ファンクラブサイト)を閉鎖したと伝えた。昨年12月ドラマ「未来の選択」以来、約1年ぶりにカムバックする計画を立てた彼女の歩みにファンたちが反対する理由は、共演相手に俳優パク・シフが有力視されるからだ。パク・シフは昨年、性的暴行容疑で裁判を受けたことがあり、ユン・ウネのイメージだけが落ちるという論理だ。ファンたちは、所属事務所のマネージメントまで非難する投稿文をファンカフェに掲載したという。

これを受けてユン・ウネはファンカフェに「自分の周りの人を侮辱するような発言には我慢しない」という警告性のコメントを残し不快な心境を表したという。しかしファンは「自分の好きな演技者に愛情のこもった批判をしただけで、逆に悪質なアンチ扱いをされている」と不満を爆発させている。

このような状況に、所属事務所のジェイアミエンターテイメント側は「ファンカフェに残した書き込みはファンではなく、悪質なコメントを連発する一部ネットユーザーに対する警告だ」とし「映画『After Love』の出演と関連して、ファンに向けた発言ではない」と釈明した。

続いて「彼女の家族を中傷する人身攻撃的な書き込みを残し、これを読んだユン・ウネがコメントを残しただけだ。ファンと対立していると報じられたが、それは絶対違う」と説明した。

スポーツソウルジャパン|編集局

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 10月 31日 14:57