[K-POP] 2AMが新曲「現れてくれ」でカムバック、去った恋人との偶然の再会を願う切ない心境を表現[動画]

10月30日、JYPエンターテインメントは2AMのタイトル曲「現れてくれ(Over the Destiny)」を含む計13曲を各種オンライン音源サイトを通して公開した。

2AMのアルバム『Let’s Talk』は、2AMの歌声と完璧なハーモニー、そして音楽を通して疎通しようとする4人のメンバーのメッセージが込められている。

チョ・ギュマンとチョ・ギュチョンが共同制作したタイトル曲「現れてくれ(Over the Destiny)」は、「偶然もう一度現れてくれ」という歌詞のフレーズからも、別れた恋人との偶然の再会を期待する切ない心境が表れており、2AMが表現する切ない恋しさに加え、それぞれのメンバー達のより一層深くなった音楽的成長を感じることができる。

それ以外にも27日に先行公開された「今日に限って」をはじめとし、「To. AM (For you) 」、「ハッピー・エンド」、「実現」、「私の恋」、「All Right」、「別れの日」、「I know」、「君は僕のもの 」、「Dance」、「準備」、「loveskin」などの13曲を公開した。14番目のトラック「My Thoughts」は、オフラインのアルバムにのみ収録される。デビュー以来初めて収録した4人のメンバーのソロ曲に注目が集まっている。

タイトル曲「現れてくれ(Over the Destiny)」のミュージックビデオでは、俳優のユン・バクが熱演を繰り広げ、歌に込められた悲しいストーリーを演じた。すでに去ってしまった恋人に対する恋しさに苦しみ、もう一度現れてくれることを切実に願う心境を、空から降ってくる恋人との思い出が込められた物によって表現し、歌によって偶然の再会を願う心境を象徴的に表現した。

一方、2AMは31日にKBS 2TV『ミュージックバンク』でカムバックステージを飾り、活発な活動に突入する。

(写真=JYPエンターテインメント)


[動画]2AM 나타나 주라(Over the Destiny) M/V


(動画=JYP公式Youtube)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 30日 14:32