[K-POP] BEAST「MBLAQはありがたいグループ、問題が解決することを願っている」(インタビュー)

BEASTとMBLAQは、2009年に1日違いでデビューした同期のグループだ。デビュー当初から“ライバルグループ”として注目され、様々な番組で共演しながら親交を深めてきた。デビューから5年という月日が経ったが、MBLAQは最近イジュンとチョンドゥンがチームから脱退するというニュースが報じられ、注目が集まっている。

そんな中、BEASTは最近行われたインタビューでMBLAQに対する話をいつにも増して慎重に答えた。

「同期でもあるから、最近のニュースには驚いたのではないか」という質問に対し、BEASTは「驚いた。すごく驚いたけど、僕達があれこれ言えることでもないので…」と慎重な態度を見せた。

「とても気を使っているように見えるが…」という記者の言葉に「申し訳ないからだ。敏感な問題だから、仲が良いからこそとても気を使う。MBLAQはありがたいグループだ。デビュー当初からライバルグループと言われてきて、お互いにたくさん助け合ってきた。一緒にデビューしたグループとして、残念でもあるし、うまく解決することを願っている」と話した。

一方、BEASTはミニ7集アルバム『TIME』でカムバックする。BEASTは「1年間で2回アルバムを出すのは、3~4年ぶりだと思う。今までファンの皆さんに申し訳ないと思っていた。秋に似合う曲を準備したから、たくさん聞いてほしい」と話した。

BEASTは20日にタイトル曲「12時30分」をはじめとするスペシャルミニ7集アルバムの音源を公開する。「12時30分」はプロデューシングチーム“Good Life”が手掛けた曲で、恋人と別れた後の恋しい気持ちと辛い気持ちをお互いに違う方向を向いている時計の短い針と長い針に例えて歌った曲だ。公開直後から音源チャートを席巻し、人気を見せつけている。

(写真=CUBEエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 20日 14:24