[K-POP] BEAST「5年間無事故のグループ??その秘訣は小心者なところ」(インタビュー)

BEASTがデビュー5周年を迎えた。「始まりは微弱でも終わりは壮大だ」という言葉にぴったりのBEASTは、今では「信頼できるグループ」、「実力派アイドル」、「音源強者」などと呼ばれ、代表的なボーイズグループに成長した。

BEASTの5年間は、まさに“模範生”だった。特別な事件や事故もなく、5年間を過ごしてきた彼らは、「デビュー当初は、グループが続くのかと思っていた」という言葉が信じられないほど、順調な道のりを歩んできたように見える。

BEASTは最近行われたインタビューで「事件や事故がないグループだ。秘訣は何だ」という質問に対し、「小心者なところ?メンバー全員が度胸がない」と微笑んだ。

リーダーのドゥジュンは、「与えられた仕事に忠実に努めているとも思う。ある意味プロ意識がある。仕事に集中していたら、5年という年月が過ぎた。その間に大きな問題がなかったということは、メンバーとしても誇らしいし、ある意味よかった」とメンバーに対する感謝の気持ちを明かした。

また、「一番小心者なメンバーは誰か」という質問に対し、ヨソプはドゥジュンを挙げた。ヨソプはこれについて、「ドゥジュンはすごく小心者だ。だけど、5年間リーダーとしての役割をしっかりと務めた。これからの5年も見守ろうと思っている」と話した。

「5年後にはリーダーが変わるのか」という質問に対し、ドゥジュンは「末っ子(ドンウン)に変えてもいいかもしれない。こいつが2番目に小心者だ」と暴露した。

これを聞いたヨソプが「僕は一生リーダーをやることはない。僕は小心者じゃないから」と言うと、ギグァンが「全員小心者だ」と話をまとめ、笑いを誘った。

BEASTのメンバー達は、「今まで通りにできるだけでも本当にありがたいと思う。事件も事故もなかったし、良いアルバムも出来たし、コンサートもやったし…僕たちを応援してくれるファンの皆さんとこれからも一緒にやっていきたい。まだ成功したとは言えなくても、一生懸命しっかりやってきたと思う。もっと一生懸命できたかもしれないけど、それなりに5年間しっかりやってきた。これからの5年間も今まで通りしっかりやっていきたい」と心のこもった希望を語った。

一方、BEASTは20日にタイトル曲「12時30分」をはじめとするスペシャルミニ7集アルバムの音源を公開する。「12時30分」はプロデューシングチーム“Good Life”が手掛けた曲で、恋人と別れた後の恋しい気持ちと辛い気持ちをお互いに違う方向を向いている時計の短い針と長い針に例えて歌った曲だ。公開直後から音源チャートを席巻し、人気を見せつけている。

(写真=CUBEエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 20日 14:23