[K-POP] 防弾少年団が初の単独コンサートを大盛況の内に終え、後続曲の活動に突入

防弾少年団が10月17日から19日までの3日間で開かれた初の単独コンサートを大盛況の内に終えた。

ソウルのAX-KOREAで開かれたコンサート『BTS 2014 LIVE TRILOGY : EPISODE Ⅱ. THE RED BULLET』には、ヨーロッパ、アメリカ、日本、中国など様々な国籍のファンを含む計5千人の観客が集まった。

防弾少年団は、「10代の若者たちを代弁する」というチームのコンセプトに合わせ、圧迫感のある教室の風景を演出したイントロ映像で公演の幕を開けた。この後、ぴったり揃ったパフォーマンスや安定的なライブを見せ、150分間で「サンナムジャ(男の中の男)」、「DANGER」、「一日だけ」など計24曲を熱唱し、公演を盛り上げた。

今までテレビで見せてきたカリスマ溢れる姿とは違い、恋に落ちた可愛らしい少年達に変身したステージでは、ファンの大きな歓声を浴びた。観客は防弾少年団のすべての曲に掛け声で応え、一体感のある公演を演出した。ラッパーの3人(ラップモンスター、シュガ、ジェイホープ)が見せた「Cyper」(繰り返されるビートにまるでバトルをするかのようなストレートなラップを歌うこと)のステージが披露されると、公演の熱気は最高潮になった。

防弾少年団は「デビュー前から今まで「コンサートができるのが本当の歌手だ」と思っていた。今日こうやってコンサートをできて、本当の歌手になれたような気がして、とても嬉しいし幸せだ」と初の単独コンサートの感想を話した。

コンサートを大盛況の内に終えた防弾少年団は、今週から正規アルバム『DARK & WILD』の収録曲である「ホルモン戦争」で後続曲の活動を行っていく。

また、韓国国内活動を終えた後には、日本、フィリピン、シンガポール、タイなどでツアーを行い、世界中のファンと対面しながら活発な活動を行っていく予定だ。

(写真=BIGHITエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 20日 14:21