[K-POP] Epik Highの新曲にWINNERのソン・ミンホ、iKONのB.I、BOBBY、さらにはBeenzino、VerbalJintがフィーチャリング

10月15日、YGエンターテインメント側は公式ブログ(www.yg-life.com)を通して、「BORN HATER」のティーザーイメージを公開した。

ポスターには、19禁のマークと共にVerbalJint、Beenzino、iKONのB.IとBOBBY、WINNERのソン・ミンホなどの超豪華ラップフィーチャリング陣の写真が収められている。

BeenzinoとVerbalJintは、今まで様々なヒット曲を発表し、ヒップホップのファンから愛されているスターラッパーだ。また、デビューアルバムで各種オンライン音源チャートの頂点を席巻し、人気を集めているWINNERのラップ担当ソン・ミンホに加え、Mnet『SHOW ME THE MONEY 3』で優勝を果たし、ラッパーとしての実力を見せつけたBOBBY、そして、BOBBYと共に現在『MIX & MATCH』に出演中であり、ラップはもちろん、作詞・作曲などの能力も認められているB.Iがフィーチャリングとして参加することになり、多くのファンの期待が高まっている。

彼らはそれぞれが個性的なラップスタイルで愛されているため、Epik Highと手を組んだことによってどのようなヒップホップ曲が誕生するのかが注目ポイントだ。

これに先立ち、Epik Highは21日に発表する正規8集『靴箱』のトラックリストを公開した。ダブルタイトル曲である「もろいエンディング」や「スポイラー」をはじめとし、「幕を上げて」、「ブルジュ・ハリファ」、「BORN HATER」、「靴箱」など計12曲を公開したことにより、独特のタイトルを持った収録曲にはどのようなメッセージが込められているのかに注目が集まっている。

Epik Highの正規8集『靴箱』は、オンラインでは21日、オフラインアルバムは22日に発売され、15日から21日まで予約販売が行われる。今回のアルバムにはEpik Highの直筆サインと認証書が含まれた限定版も制作され、ランダムで発売される予定だ。

一方、Epik Highは21日の正規8集『靴箱』の発表と同時に11月15日と16日にソウルブルースクエアサムソンカードホールで開催される単独コンサート『パレード2014』を通して、5年ぶりのコンサートステージに立ち、ファンとの対面を果たす予定だ。

(写真=YGエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 15日 15:56