[K-POP] 東京で行われた『SMTOWN LIVE』に参加したSMアーティスト達、日本を直撃した台風に見舞われ足止め

日本を直撃した台風18号の影響により、『SMTOWN LIVE』の日本公演を終えたSMアーティスト達の帰国が遅れている。

SMエンターテインメントの公演ブランド『SMTOWN LIVE』は、10月4日と5日に日本・東京を代表する野外公演場「味の素スタジアム」で東京公演を行った。この公演には、カンタ、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXO、Red Velvet、SUPER JUNIOR-Mのヘンリー、チョウミ、J-MinなどのSMに所属する大部分のアーティストが参加した。

しかし、5日に帰国する予定だった一部のSMアーティスト達が足止めを食らっている。現在、日本を直撃した台風18号の影響により、飛行機の運航自体が厳しい状況であり、出国時間が延期されたためだ。これにより、SMアーティスト達の帰国が遅れている。

所属事務所のSMエンターテインメント側は6日、newsNとの通話を通して、「SHINeeと東方神起のユンホはすでに帰国した。他のチームも午後から順に帰国する予定だ。スケジュールには大きな問題がないと思われる」と明かした。スケジュールがあったSHINeeとユンホは、この日午前の飛行機で帰国していた。

一方、『SMTOWN LIVE』は今回の東京公演を通して、累積観客数100万人(計1,014,000人)突破という大記録を打ち立て、2日間で計12万人の観客の歓声を浴びた。『SMTOWN LIVE WORLD TOUR Ⅳ in TOKYO』は引き続きツアーを行い、18日には中国・上海体育館で公演を開催する予定だ。

(写真=SMエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 06日 17:36