[K-POP] BTOBソンジェ、VIXXエン、ヒョギ、GOT7ジャクソンなど…「ヒョンドン&デジュンと手を組めばヒット間違いなし」??


最近の芸能界は、まさに「アイドルの洪水」だ。数え切れないほどのアイドルが溢れ、これによる競争も激しくなっている。飽和状態のアイドル市場にデビューしたグループは、どうにかして人気を得ようと、努力を惜しまない。

このようなアイドル市場で最近話題を集めている「成功の公式」がある。それはまさに「ヒョンドン&デジュンと手を組めばヒット」だ。

「ヒョンドン&デジュン」は、お笑い芸人のチョン・ヒョンドンとヒップホップ歌手のデプコン(本名ユ・デジュン)が手を組んだユニットだ。彼らはアルバム活動を活発に行っているだけではなく、番組を通してアイドルの魅力を誰よりもうまく引き出してくれる。

アイドルにとって、ヒョンドン&デジュンが進行を務めるMBCエブリワン『週刊アイドル』は、最高の番組の内の一つだ。1時間という時間の中で他のグループをけん制する必要もなく、気楽な雰囲気の中で自分達の魅力を発揮できるからだ。ファンの満足度が高いのも当然だ。好きな歌手が1時間もの間メインで扱われるため、ファンも自身の好きな歌手が『週刊アイドル』に出演するのを心待ちにしている。

また、『週刊アイドル』のMCであるチョン・ヒョンドンとデプコンは、比較的面白くないアイドルのトークも面白く盛り上げてくれる。やたらと大きなリアクションでゲストを持ち上げるのではなく、厳しいツッコミと適切なリアクションでアイドル達がそれぞれの才能を最大限発揮できるようアシストしてくれる。

チョン・ヒョンドンとデプコンは、『週刊アイドル』だけでなく、新たなプロジェクトにも挑戦した。彼らは7月29日から8月19日まで放送されたMBCエブリワン『ヒョンドンとデジュンのヒット製造機』を通して、計4回という短い放送にもかかわらず、大きな話題を呼んだ。

『ヒョンドンとデジュンのヒット製造機』は、チョン・ヒョンドンとデプコンがプロデューサー「ヒョンドン&デジュン」に変身し、アイドルの新曲プロデュースを務めるという番組であり、放送と同時に各種SNSで話題を集め、人気を呼んだ。特にこの番組に出演したGOT7のジャクソンとBTOBのソンジェは、その後それぞれがSBS『ルームメイト』とMBC『チンチャ サナイ~男の中の男』に抜擢され、成果を収めている。

このように、アイドルとヒョンドン&デジュンが息の合った活動を見せていることにより、「ヒョンドン&デジュンと手を組めばヒット」という公式が関心を集めている。一線を越えない程度で最大限の笑いと魅力を引き出す「ヒョンドン&デジュン」のコンビが人気を呼んでいる理由だ。

(写真=MBCエブリワン『ヒョンドンとデジュンのヒット製造機』キャプチャー、MBCエブリワン『週刊アイドル』キャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 06日 14:27