[K-POP] 相次ぐ騒動の中、SMエンターテインメントが『SMTOWN LIVE』で累積観客数100万人を突破

SMエンターテインメントの公演ブランド『SMTOWN LIVE』が今回の東京公演を通して、累積観客数100万人突破という記録を達成した。

『SMTOWN LIVE』は、2008年からツアーを始め、ソウル、ニューヨーク、LA、パリ、東京、北京、上海、バンコク、シンガポールなどの世界主要都市で公演を行ってきた。

「韓国単独ブランド公演としては史上初のフランス・パリ公演」、「アジア歌手としては史上初のニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデン公演」、「海外歌手としては史上初の中国・北京オリンピック主競技場単独公演」など、公演が行われる度に注目すべき記録で話題を集めてきた中、ついに累積観客数100万人突破(計1,014,000人)という記録を打ち立てた。

今回の『SMTOWN LIVE WORLD TOUR Ⅳ in TOKYO』は、10月4~5日に日本・東京を代表する野外公演場「味の素スタジアム」で行われた。

カンタ、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXO、Red Velvet、SUPER JUNIOR-Mのヘンリー、チョウミ、J-MinなどのSM所属アーティスト達が総出動し、様々なステージと魅力を見せ、2日間で計12万人の観客の熱狂的な歓声を浴びた。

また、SMアーティスト達は日本でも活躍し、高い人気を集めている分、各チームが日本で発表した曲をはじめとし、様々なヒット曲ステージ、SMTOWNでのみ楽しむことができる様々なコラボレーションなどでファンを魅了した。

東京の大型スタジアムで開かれた今回の公演は、SMTOWNの日本公演史上、最多観客数(1回の公演につき)を記録し、2日間で12万人を動員した。

公演前からチケットの応募者数が60万人を越えるなど、熾烈なチケット争いの中でチケットを手に入れることができなかったファン達の要請により、東京、北海道、大阪、京都、広島などの日本全国135か所の映画館では、公演の模様を生中継するライブビューイングイベントも開催し、映画館のスクリーンを通して計10万人のファンが公演を楽しんだ。

一方、『SMTOWN LIVE WORLD TOUR Ⅳ』は引き続きツアーを行い、18日には中国・上海体育館で公演を開催する予定だ。

(写真=SMエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 06日 11:00