[芸能] 1ヵ月ぶりに帰ってきた『チンチャサナイ』、さらに厳しくなった訓練で番組の人気を維持できるか!?

『チンチャサナイ女性軍人特集』以降、1ヵ月ぶりに帰ってきた男性メンバー達がより厳しく大変な訓練に突入した。

10月5日に放送されたMBC『チンチャ サナイ~男の中の男』(以下チンチャサナイ)では、決戦部隊に入所し、野外宿営(軍隊が営所に宿泊すること)の準備に取り掛かるメンバー達の姿が公開された。

女性軍人特集以降、『チンチャサナイ』メンバー達には、それぞれ変化があった。元祖メンバーのキム・スロ、ソ・ギョンソク、サム・ハミントンは“兵長”に進級し、一番最後に合流したチョン・ジョンミョンも“一等兵”に進級した。また、女性軍人特集が大きな反響を呼んだ分、視聴者を失望させないようにとメンバー達も情熱的に訓練に取り組んだ。

キム・スロとK.willは、43億ウォン(約4億円)相当の最新式装甲車K-21を担当し、軍人らしい威厳を見せ、ヘンリーとサム・ハミントンは相変わらず“ボケ兵士”としての姿を見せ、改めて『チンチャサナイ』でのキャラクターを見せつけた。多少キャラが薄かったチョン・ジョンミョンは、合気道を教える姿で男らしい魅力をアピールした。

それだけではない。12日の放送の予告編では、『チンチャサナイ』メンバー達が厳しい訓練と豪雨に心身共に疲れ切った姿が公開された。毎回笑顔を見せていたヘンリーも我慢の限界を越えるなど、豪雨の中で野外訓練を行ったメンバー達は、極度の疲労状態で撮影に臨まなければならなかったという。

女性軍人特集の反響以降、男性メンバー達はより厳しく大変な訓練に臨み、その人気を持続させようと意気込んでいる。元祖メンバー達の除隊が目前に迫り、中心的メンバーであるパク・コニョンが負傷するなど、『チンチャサナイ』の基盤が大きく揺れる中、これに屈せず面白い放送をしていくという制作陣の意思がうかがえる。

一方、この日の放送では、最悪の悪天候の中、野外宿営に向かい、43億ウォン相当の装甲車K-21に乗るメンバー達の姿が公開された。

(写真=MBC『チンチャ サナイ~男の中の男』キャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 06日 10:55