[PHOTO] 釜山国際映画祭に登場したアジアを代表する俳優・女優達の華やかなレッドカーペッドハイライト

10月2日午後6時、第19回釜山国際映画祭(BIFF)のレッドカーペッドが釜山廣域市海雲台区(プサン・クァンヨク市・ヘウンデ区)に位置する映画の聖堂で行われた。

第19回釜山国際映画祭の開幕式は、女優ムン・ソリと日本の俳優渡辺謙が司会を務めた。

一方、アジア最高の映画祭として成長した釜山国際映画祭は、10月2日から11日までの10日間、海雲台一帯の映画の聖堂をはじめとし、7か所の劇場、33か所の上映館で79カ国314編の作品が公開される予定だ。開幕作には台湾のニウ・チェンザー監督の『Paradise in Ser』、閉幕作には香港のリー・ビウチュン監督の『Gangster Pay Day』がそれぞれ選ばれた。

『情報提供者達』ユ・ヨンソク、リュ・ヒョンギョン、パク・ヘイル チョン・ウソン、イ・ソム リウ・ シーシー、三浦春馬 大谷亮平、キム・ハンミン監督 ソン・ドンイル イ・ヒョヌ クララ チョ・ジョンソク チョン・ユミ チョン・ウソン キム・ソウン パク・ソジュン ク・ヘソン チェ・ウシク チョ・ヨジョン キム・セロン オム・ジョンファ キム・ヒエ ムン・ソリ

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 03日 10:17