[芸能] 『花より青春』のユ・ヨンソク、『花より』シリーズ歴代出演者を越える「詐欺キャラ」として大活躍!?

tvN『花より青春』のラオス編の最終回が10月3日に放送される。

最終回では、計72万ウォン(約7万2千円)しか所持していなかったのにもかかわらず、徐々に良いホテルに泊まり始めた3人の若者たちに疑問を抱き始めた制作陣の姿と、事実を知り、皆が驚愕したユ・ヨンソクの「イ・ソジンぱくり事件」の全貌が明らかになる。

俳優のイ・ソジンは、『花よりおじいさん』を通してスペイン旅行に向かった当時、制作陣が渡したお小遣いに自費の100万ウォン(約10万円)を追加し、制作陣を騙しつつ余裕のある旅行を楽しんでいた。また、これを見たユ・ヒヨルは、制作陣が旅行前に財布を回収する際、自身のクレジットカードを抜き取ることに成功したが、結局一度も使わずに終わるというオチで視聴者に笑いを届けた。

『花より青春』のラオスチームが出発する際、制作陣が20代の若者達に渡したお金は、たったの72万ウォンだった。しかし、6泊8日のスケジュールを見ていると、ヴィエンチャン、ヴァンヴィエン、ルアンパバーンを回りながら、彼らはよりおいしいものを食べ、買い物を楽しみ、さらには良いホテルを見つけ出し、余裕のある旅行を楽しんでいた。これに疑問を抱いた制作陣は、ユ・ヨンソクに疑いを持ちかけたが、彼は「後々話します」という言葉と共に意味深な笑顔を見せた。

ユ・ヨンソクは『花より』シリーズの「詐欺事件」のきっかけを生み出し、伝説を残したイ・ソジンの手法に着眼し、驚きの詐欺を働いたという。今までの出演者達が挑戦した詐欺の手法の内、最も進化した方法で皆を驚愕させた。

ユ・ヨンソクの「イ・ソジンぱくり事件」の全貌は、3日の最終回で明らかになる。この日の放送では、ヴァンヴィエンでの思い出を後に、ラオスの文化遺産が集まる「ルアンパバーン」地域に移動した3人の姿が公開される。

一方、放送では公開されなかった未公開映像を収めた『花より青春inラオス監督版』は、10月10日に放送される。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 02日 14:22