[芸能] ソン・ホジュンが無名時代の苦労を明かす「好きな子とデートした後にタクシーに乗ったら…」

最近行われたKBS 2TV『ハッピートゥギャザー3』の収録には、歌手チャン・ユンジョン、歌手ホ・ガク、女優チョン・ソミン、俳優ソン・ホジュン、モデルハン・ヘジンが出演した。彼らは今回の放送を通して、自身が成功するまでの知られざるヒストリーを公開する予定だ。

ドラマ『応答せよ1994』でヘテ役を演じ、味のある方言とずば抜けた存在感を見せ、最近では『花より青春』などのバラエティでも個性を発揮しているソン・ホジュンは、無名時代に経験した笑えないエピソードについて正直に告白した。

ソン・ホジュンはこの日、「以前は、恋愛する時にもお金のせいで苦労したことがある」と明かし、「好きな人とデートをした後、タクシーに乗ったものの、タクシー代がなくなってしまい、途中で降りた。しかも、彼女を送ってあげた後、自分が帰る交通費がなくて、4時間かけて家まで歩いて帰った」と明かし、他の出演者を驚かせた。

また、都会的で貴公子のようなビジュアルとは違い、「お金がなかったから、ラーメン1つで4食をまかないながら生活して、友達の家に居座った」と話し、辛かった無名時代について明かした。

さらには、「食べたことないもの、やったことないこと、新しいことは、やってみたらどんどんやりたくなってしまいそうだったから、わざとやらなかった」と付け加えた。

一方、長い無名時代を経て、最近人気急上昇中の俳優として注目を浴びているソン・ホジュンの話は、10月2日に放送される『ハッピートゥギャザー3』で確認できる。

(写真=KBS提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 02日 14:19