[K-POP] 「新韓流ブーム」を巻き起こす期待のガールズグループAOAが「ミニスカート」日本版を発売し、日本デビュー

AOAが日本で「新韓流ブーム」を巻き起こす。

AOAは10月1日に日本デビューシングル『ミニスカート』を発売し、本格的な日本活動を始める。「ミニスカート」は今年初めにブームを巻き起こしたAOAの韓国での5枚目のシングル「短いスカート」の日本語バージョンであり、タイトル曲「ミニスカート」以外には、最近韓国国内で発売したヒット曲「Short Hair」の日本語バージョンである「ショートヘア」と「Get Out」のオリジナルバージョンの計3曲が収録された。

デビューシングルの発売と共に日本語の歌詞に合わせて新たに制作した「ミニスカート」のミュージックビデオは、最近日本最大のポータルサイト『Yahoo! Japan』と動画サイト『Gyao』の人気映像総合再生ランキングで1位を記録し、タワーレコードのワールドチャートでも発売と同時に1位を記録するなど、現地のファンの期待を高めている。

また、今年発売した「短いスカート」と「Short Hair」の連続ヒットで「次世代K-POPガールズグループ」として人気を集めているAOAは、日本正式デビュー前から海外のレコード会社達からの熱いラブコールを受けてきた。最近、韓国のガールズグループとしては唯一、日本の大型音楽フェスティバル『a-nation 2014』のステージに上がり、派手なパフォーマンスで現地の関係者の注目を集め、『東京ランウェイ 2014』にはゲストアーティストとして参加するなど、様々なパフォーマンスで7人7色の魅力を発揮し、アジア全域のファンに存在感を見せている。

(写真=FNCエンターテインメント)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 01日 17:43