[芸能] おじいさん達の“荷物持ち”だったイ・ソジン、“弟分”となった2PMテギョンと共に自給自足に挑戦

イ・ソジンが新たなバラエティに挑戦する。『花よりおじいさん』では、“荷物持ち”として相当な苦労をしてきたイ・ソジンだったが、今回は自身をサポートしてくれる頼もしい弟分の“荷物持ち”が出来た。それはまさに2PMのテギョンだ。

今回、ナ・ヨンソクプロデューサーはイ・ソジンとテギョンが出演する新しいバラエティ『三食ご飯』をお披露目する。『花よりおじいさん』・『花よりお姉さん』・『花より青春』など、tvNバックパック旅行プロジェクトの『花より』シリーズを立て続けにヒットさせたナ・ヨンソクプロデューサーが、今回は“旅行”ではない、“野外”バラエティを制作する。自給自足有機農ライフ『三食ご飯』が『花より男子』の後続番組として10月17日から放送が始まる。

『三食ご飯』は、都会では簡単に済ませられる「食事」を、慣れない田舎で苦労をしながらしていくという野外バラエティだ。『花よりおじいさん』では“万能荷物持ち”として活躍した俳優イ・ソジンをはじめとし、“野獣アイドル”2PMのメンバーであり、俳優としても活躍しているテギョンが合流し、予想外のタッグを見せる予定だ。

そんな中、イ・ソジンが新たに挑戦するバラエティに期待が集まっている。イ・ソジンは『花よりおじいさん』でイ・スンジェ、シン・グ、パク・グンヒョン、ペク・イルソプなどの“おじいさん”達を連れてヨーロッパ旅行に向かい、様々な苦労を経験した。そんなイ・ソジンの“荷物持ち”キャラクターは、『花よりおじいさん』の成功にも大きな影響を及ぼした。

しかし、今回はそんなイ・ソジンのポジションが変わった。テギョンという頼もしいサポーターが出来たのだ。二人はすでにKBS 2TV週末ドラマ『本当に良い時代』で兄妹役を演じたことがあり、バラエティではどのようなやりとりを見せるのかに関心が集まっている。

文句を言いつつも、瞬発力があり、時には制作陣を騙したりもするセンスを持ったイ・ソジンに対し、テギョンは明るく純粋な魅力を見せ、「一食」を食べるために奮闘する姿を見せる予定だ。

一方、演出を担当するナ・ヨンソクプロデューサーは、「日常を縛り付けていたすべての荷物を手放し、今日の食事をどうするかだけを心配すればいいのが『三食ご飯』だ。都会では本当に簡単でも、ここでは困難である「一食」の価値を今回の番組を通して感じてもらえるはずだ」と明かした。

また、ナ・ヨンソクプロデューサーと共に『三食ご飯』の演出を担当するパク・ヒヨンプロデューサーは、「忙しい日常から抜け出し、自然の時間に合わせてシンプルに生きてみることによって、視聴者にリアルさを届ける予定だ。二人の“都会男子”イ・ソジンとテギョンが何もないところで食事をするために悪戦苦闘する姿を通して、視聴者に面白さを届ける予定だ」と明かした。

(写真=CJ E&M提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 10月 01日 16:24