[芸能] 少女時代ジェシカの脱退説、その背景には結婚説がささやかれているタイラー・クォンの存在??

少女時代のジェシカの解雇説が話題を集める中、ジェシカのウェイボに掲載された文章の真偽に加え、今回の騒動が起こった背景にも注目が集まっている。

30日深夜、ジェシカは自身のウェイボ(中国版Twitter)を通して、「これからのスケジュールを楽しみに準備していたのに、会社と8人のメンバーから、今日付けで私はもう少女時代のメンバーではないという通知を受けた」という文章を掲載した。

また、「私は少女時代の活動を優先し、積極的に専念してきたのに、不当な理由でこのような通知を受けて、とても困惑している」と付け加えた。

この文章が掲載されてから6時間が過ぎた今も(午前11時現在)、所属事務所であるSMエンターテインメントは公式的な立場を発表していないため、この文章の真偽については、未だ明らかになっていない。しかし、芸能界の関係者達は、SMエンターテインメントのコメントが遅れている点と、ジェシカ側もその後何もコメントを発表していないという点で、ジェシカ側がこの文章を掲載したのではないかという推測をしている。

また、このような騒動が起こった背景には、多くの関係者がタイラー・クォンとの熱愛説と結婚説があるのではないかと考えている。

在米韓国人の事業家として知られているタイラー・クォンとジェシカの熱愛説は、相当前から騒がれていた。所属事務所と知人達は、「仲の良い友人」もしくは「知人」と説明したが、二人の熱愛を疑う関係者も少なくなかった。“暗黙の了解”として受け入れられている雰囲気でもあったという。

そんな中、今年上半期からはついに二人の結婚説が囁かれ始めた。二人は既に結婚を考えているというものだった。このようにして所属事務所との摩擦が起こり、このような騒動にまで発展したと噂されている。

匿名の芸能界関係者は30日、「ジェシカとタイラー・クォンの熱愛説と結婚説が提起されたことがきっかけになっただろう。タイラー・クォンとの関係がまったく関係していないとは言い難い」と明かし、タイラー・クォンとの関係に対する意見の食い違いによって、所属事務所とジェシカがすれ違い、問題が大きくなったという。

一方、ジェシカを除いた8人のメンバーは、中国の深圳宝安(しんせんほうあん)体育館で開かれる『Girls' Generation 1st Fans Party』に参加するため、この日午前に中国へと出国した。SM側は現在状況把握をしていることが明らかになり、ウェイボの文章の真偽についても確認中であるという。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 30日 11:51