[芸能] ユ・ヨンソク「元カノが面会に来ると言うから空軍に入隊したのに…」恋愛ヒストリーを初告白

ユ・ヨンソクは29日に放送されるSBS『ヒーリングキャンプ』にゲスト出演し、同世代の俳優達よりも早く入隊した理由を明かす。

ユ・ヨンソクは20歳の時に映画『オールドボーイ』でユ・ジテの子役を演じ、デビューを果たした。当時、『オールドボーイ』は大きな成功を収め、出演俳優達は映画界で脚光を浴びるようになった。しかし、ユ・ヨンソクは期待とは裏腹に注目を浴びることが出来なかった。

ユ・ヨンソクはこの日、「『オールドボーイ』が終わってから、他の俳優達はみんな映画の撮影に入ったのに、僕は学校の劇場にいた。僕以外はみんな成功した。だから軍隊に行った」と話を切りだした。

当時、ユ・ヨンソクは空軍への入隊を決心した。空軍は他の軍人に比べ、軍務期間が3カ月長い。それにもかかわらず、ユ・ヨンソクが空軍への入隊を決めた理由は何だったのか。ユ・ヨンソクはこれについて、「彼女の家が空軍の訓練所の近くだった。頻繁に面会に来ると言うので、空軍に入隊したのに、訓練所にいる間に振られた。軍隊にいる時に突然目標がなくなった気分だった」と明かした。

また、「自分を言い聞かせながら耐えた。今思えば、その彼女のおかげでロマンスの演技もできるようになったし、『応答せよ1994』での片思いの演技も一生懸命出来たような気がする」と明かした。

(写真=SBS『ヒーリングキャンプ』)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 29日 16:03