[芸能] SUPER JUNIORヒチョルが熱愛を認めたソンミンについて「申し訳ないと言われ、胸が痛かった」

25日午前、SUPER JUNIORのヒチョルは自身のインスタグラムを通して、「実の弟ではないけど、僕の弟イ・ソンミン。まだ僕の携帯の電話帳には「タノバク(クールな人のことを指す)」と登録されている」という文章から始まる長文のメッセージを掲載した。

ヒチョルは「いつも物静かで、一度もトラブルを起こしたことのなかったソンミンが、今日はとても忙しかった。僕がいつも言っていることがある。「ソンミンは花でも叩いたらだめだ」。そうだ、ソンミンは花でも叩いたらいけないんだ。僕は今回の活動をしながら、ちょっと大げさかもしれないけど、僕達メンバーは辛くても、楽しんで、お互いに頼ってきた。これからもそうするつもりだ。だから、みんなで手を繋いで、お兄ちゃん、弟、お姉ちゃんみたいに、ずっと仲良くやっていこう」とメンバー達に対する愛情を伝えた。

また、「辛気臭い話が大っきらいな僕だけど、ソンミンが、どんな時にも泣かなかったソンミンに「ヒチョルさん、すいません。ファン達にも、メンバー達にも…」と言われて、とても胸が痛かった。タノバクが行く道が平坦な道でなくても、険しい道にはならないようにしよう。愛してるよ、お前達」とソンミンに対する応援メッセージを伝えた。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 25日 10:36