[芸能] ジュリアン・カンが下着姿で街中を徘徊…警察側「麻薬を使用したかどうかの精密検査を依頼する予定」

警察によると、18日午後3時ごろ、ソウル江南区驛三洞(カンナム区・ヨクサムドン)でジュリアン・カンが下着姿で意識を失っているところが発見されたという。

近隣の住民は、「カンさんが意識もうろうとした状態でふらふら歩いていた」と話した。

17日午後11時から知人達と酒を飲み、翌日の午前4時ごろに帰宅したジュリアン・カンは、午後2時ごろに家から約1キロほど離れた場所で下着姿で意識を失って倒れていたことが明らかになった。

警察はジュリアン・カンが麻薬を使用していたかどうかを確認するため、24日にヒロポンやエクスタシーなどの代表的な麻薬を検出できる簡単な検査を実施したが、陰性だったという。

この後、警察は25日にジュリアン・カンの精密検査を国立科学捜査研究院に依頼する予定だ。警察関係者は、「今のところ、ジュリアン・カンが麻薬を使用したかどうかは分からない。精密検査の結果によって、捜査をしていく」と伝えた。

(写真=eNEWS DB)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 25日 10:31