[芸能] APinkウンジ「練習生過程なしに超高速デビュー」、デビュー秘話を告白

9月18日に放送されるMBCエブリワン『APinkのショータイム』では、日本デビュー曲「No No No」をレコーディング中のAPinkの姿が公開される。

この日、日本デビューを控えたAPinkのメンバー達は、APinkとしてデビューする前に受けていたオーディションのエピソードを公開した。そんな中、ガールズグループ界でも最強の歌唱力を誇るウンジのオーディション秘話に注目が集まった。なかなか挑戦できないというBig Mamaの歌でオーディション会場を訪れたウンジは、ずば抜けた声量と抜群の歌唱力で審査員たちの心を一発で掴み、練習生としての過程なしに超高速デビューを果たした。

また、ウンジは歌唱力とはギャップのあるポップダンスを披露したという。このダンスは、オーディションを受けるために、ダンスサークルに通っていた地元の友人に習ったものだったという。ウンジは当時のことを思い出しながら、SOLの「I Need a Girl」に合わせたポップダンスを再現して見せ、メンバー達を爆笑させた。これに続き、オーディション合格だけでなく、APinkのメインボーカルの座までをもたらしてくれたBig Mamaの「捐」を熱唱し、メンバー達だけでなく、現場にいたスタッフ全員の大きな拍手を浴びた。

一方、超高速デビューを可能にしたウンジの驚きの歌唱力と、APinkのメンバー達のデビューに関するビハインドストーリーは、18日に放送される『APinkのショータイム』で公開される。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 18日 11:52