[ドラマ] 新ドラマ『僕にはとても愛らしい彼女』のRAIN「f(x)クリスタルの新たな一面を楽しめるはず」

『大丈夫、愛よ(原題)』の後続ドラマとして、9月17日から放送が始まるSBSの新しい水木ドラマ『僕にはとても愛らしい彼女(原題)』は、チョン・ジフン(RAIN)とチョン・スジョン(f(x)クリスタル)が主演を務め、『ドクターチャンプ』や『恋人の香り』を手掛けたノ・ジソル作家とパク・ヒョンギ監督が手を組んだ新作だ。音楽を通してお互いの傷を癒し、本当の愛を育んでいく若者たちのストーリーを描く。

そんな中、最近某スタジオで行われたポスター撮影のビハインドがSBSの公式Youtube(SBSNOW)を通して公開され、注目を集めている。劇中、プロデューサーイ・ヒョヌクを演じるチョン・ジフンは、「かっこいいキャラクターに出会えて嬉しい。特に『僕にはとても愛らしい彼女』は、皆さんが好んでくださるような、そんなロマンスドラマだ。俳優達の息も徐々に合ってきている。おかげさまで、今年の秋はとても意味深く、皆さんの心に残るようなドラマを作れそうだ」と話した。

また、相手役のチョン・スジョンについては、「スジョンちゃんのことが大好きな一人のファンとして、このようにドラマで共演することが出来て本当に嬉しい。確実に言えるのは、このドラマを通して、スジョンちゃんの新たな一面を楽しんでいただけると思う。期待してほしい」と語った。

一方、ユン・セナ役を演じるf(x)のクリスタルことチョン・スジョンは、そんなチョン・ジフンの褒め言葉に笑顔で答えた。チョン・スジョンは、「セナは何も持っていないけど、作曲家という夢に向かって情熱的に生きている。そんなセナがヒョヌクに出会い、恋に落ちる。ドラマに期待してほしい」と話した。

二人は白いシャツとジーンズを着て、ポスター撮影に臨んだ。チョン・ジフンはヘッドフォンをつけたチョン・スジョンに寄り添って目を閉じたり、ギターを弾きながらチョン・スジョンの肩に手を乗せるなどの姿を見せた。また、二人は秋の雰囲気が漂うニットに着替え、ベンチでギターを弾きながらロマンティックなポーズをとった。

制作陣は、「ポスター撮影の現場はとても暑かったが、チョン・ジフンとチョン・スジョンがロマンティックで爽やかなポーズをとってくれたおかげで、スタジオの中はとても和気あいあいとしていたた。ポスター撮影の時からお似合いだった二人と、その他の出演者たちの熱演に期待してほしい」と自信を見せた。

一方、『僕にはとても愛らしい彼女』は、韓国トップの芸能事務所AnAを背景に繰り広げられる、夢見る少女セナと秘密のベールに包まれたイケメンヒョヌクの夢を愛を描いたドラマだ。『大丈夫、愛よ』の後続ドラマとして17日から放送が始まる。

(写真=SBS提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 10日 16:41