[芸能] 『花より青春』に出演したユ・ヨンソク、ソン・ホジュン、B1A4バロ…歴代“最年少”メンバーが歴代“最安値”の経費でラオスの旅を満喫

tvN旅バラエティプロジェクト第3弾『花より青春』ラオス編の放送が12日から始まる。平均年齢27歳の3人が見せる“本当の青春の旅”に視聴者からの関心が集まる中、彼らが旅立った「ラオス」という場所に注目が集まっている。

東南アジア「ラオス」は、“バックパック旅行の聖地”と言われ、タイとカンボジア、ベトナムに囲まれた東南アジアの国家だ。カンボジアの“アンコールワット”、ベトナムの“ハロンベイ”のような有名な観光地がないため、あまり目立たない場所でもある。

しかし、ベテランバックパッカーの間では、「地上の楽園」や「天使の国」などと呼ばれるほど、美しい風景と親切な民族たちが住む場所として知られており、”ニューヨークタイムズ誌”が2年連続「必ず行くべき旅行地」として挙げたことにより、観光地としての好評が広まっている。

それだけでなく、ラオスは想像以上に安い物価で有名であり、20代の“青春たち”は、“歴代最安値”の予算で旅行を満喫してきた。1日3万ウォン(約3000円)で食事、宿泊、観光を済ませ、さらには下着、カバン、服までゲットしたという。『花より青春』のラオスチームが計6泊8日の間に使った金額は、72万ウォン(約7万2千円)だった。3人が1日3万ウォンでどれほど豪華な旅行を楽しんできたのかは、放送を通して確認できる。

一方、制作陣のかけた罠にまんまとひっかり、黒のスーツに身を包んでラオスに旅立った3人の旅行記は、12日に放送される。

(写真=tvN提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 10日 16:38