[芸能] ソン・ジヒョ「『エマージェンシー・カップル』で演じたオ・ジニ、私と似ている部分が多い」

香港TVB J2『Star talk』側は9月2日、SBSバラエティ番組『ランニングマン』を通して、中華圏のファンから熱い人気を集めているソン・ジヒョのインタビューを公開した。

女優ソン・ジヒョは、4年間“紅一点”として活躍しているSBSバラエティ番組『ランニングマン』をはじめとし、MBC水木ドラマ『宮~Love in Palace』、tvN金土ドラマ『エマージェンシー・カップル』などを通して安定した演技力を見せ、中国圏でも愛されている。特に、最近香港で放送された『エマージェンシー・カップル』をきっかけにバラエティでのイメージを抜け出し、女優としての魅力に注目が集まっている。

ソン・ジヒョは「私が『エマージェンシー・カップル』で演じたオ・ジニという役は、強気でたくましい性格だけど、“バツイチ”という大きなコンプレックスがある人物だ。私も恋愛をしたことがあるし、彼氏と別れた経験もあるから、離婚した人達が苦しみやコンプレックスを克服し、離婚が良くないことだけではないということを伝えたかった」と話し、ドラマ撮影当時にどのような覚悟で臨んでいたのかを明かした。

また、「オ・ジニは、私と多くの部分で似ている人物でもある。オ・ジニのように、私も一つのコンプレックスが出来たら、自信をなくしてしまっても、ぶつかりながら克服していく性格だ」と語った。

続いて、自身の強みについては、「私は飾らないタイプだし、たくましい方だ。ポジティブマインドを持っている。個人的には、外見が美しいよりも、内面がしっかりしていてたくましい方が良いと思う。できればそういう風になりたい」と明かした。

一方、ソン・ジヒョは『エマージェンシー・カップル』を通して、愛らしいバツイチ女性を演じ、現在は『ランニングマン』のエースとして活躍しながら、中華圏はもちろん、世界各国のファンから愛されている。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 10日 13:42