[K-POP] アメリカ・ビルボード「SUPER JUNIORは未だに健在、今回のカムバックを通して大胆な挑戦を試みた」、SUPER JUNIORの新曲を絶賛

アメリカの有名メディア“ビルボード”は9月5日(現地時間)、K-POPコラムのK-TOWNコーナーを通して、ビルボードのワールドアルバムチャート(9月13日付)で堂々の1位を獲得したSUPER JUNIORについて、「SUPER JUNIORの「MAMACITA (アヤヤ)」、発売3日にしてワールドアルバムチャートの頂点に登る(Super Junior's 'Mamacita' Tops World Albums Chart With Only Three Days of Sales)」というタイトルの記事を掲載した。今回のアルバムについて細かく紹介し、SUPER JUNIORのグローバルな人気を改めて証明した。

ビルボードは「SUPER JUNIORが新しいアルバムのタイトル曲を通して、ラテンダンスとニュージャックスイングで大胆な挑戦を試みた。ほぼ10年近いキャリアを持っているSUPER JUNIORは、未だに健在しており、2年ぶりにカムバックしたSUPER JUNIORは、最も実験的な姿を見せてくれた」と絶賛した。

特にタイトル曲「MAMACITA (アヤヤ)」については、「Teddy Rileyがプロデュースしたこの曲には、ニュージャックスイングとSUPER JUNIOR特有のハーモニーが調和した要素が含まれている。サビの部分が最高に魅力的な調和だ」と高く評価した。また、ミュージックビデオについては、「メンバー達がさまざまなキャラクターを演じ、振り付けにもさまざまなストーリーが込められている」と説明した。

さらには、「今回のアルバムは、タイトル曲だけでなく、他の曲でもK-POPの多様な音楽スタイルを見せてくれている。SUPER JUNIORは正規7集を通して、ジャンルの飛躍を見せ、より実験的で素晴らしいアルバムを作れるということを証明した」と絶賛した。

一方、9月1日に発売されたSUPER JUNIORの正規7集アルバム『MAMACITA』は、ハンターチャートやシンナラレコードなど、韓国の各種アルバム販売量集計サイトの週間チャート(9月1~7日)で1位を記録し、タイトル曲「MAMACITA (アヤヤ)」は、台湾最大のオンライン音楽サイト“KKBOX”の「韓国音楽TOP100チャート」の週間チャート(8月31日~9月6日)で1位を記録した。これに先立ち、SUPER JUNIORは同チャートでなんと121週連続1位という最長期間の新記録を打ち立てていた。

また、8月28日に公開されたタイトル曲「MAMACITA (アヤヤ)」のミュージックビデオは、中国のオンライン映像サイト“愛奇藝”と、中国の音楽サイト“悦台Tai”のVチャートのミュージックビデオ週間チャート(9月1~7日)で2週連続1位に輝き、改めてSUPER JUNIORの人気を証明した。

(写真=SMエンターテインメント提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 09日 14:48